はらくだしPPの大問題

好きなラジオCMと嫌いなラジオCM

好きなのはやっぱり今年もキンチョール。

2016年、2017年はタカヤマさんとオオサワ君の金鳥少年シリーズだった。
これね、もう思春期感がたまらない。

タカヤマさんに、『そんな話、誰かが聞いてるところで出来ると思う?』
なんて言われたら、ドキドキしちゃう。
ジョグなのに心拍数が上がる(笑)

聴いたことのない人はぜひ!
(下のリンク先の下の方にある金鳥少年2017、金鳥少年2016を聴いてみてね)

今年はこれ。
殺虫剤占い。

キンチョールラジオCM

ワタシは結論を急ぎこらえ性がないキンチョール人間のようですわ。

で、嫌いなのは過払い金請求のなんとか法律事務所のね。
しつこくて耳障りでうっとおしい。

キンチョールでおとしたい。


にほんブログ村


にほんブログ村

絶対オススメBBQレシピ

最近は休みのたびに山に行ってるから
今日は一日中家庭サービス。

小金井公園にBBQに行ってきた。

公園

このくそ暑い中どーなのって思ってたけど、
樹木に囲まれていて風が通るから暑さを感じない。

で、オススメレシピを紹介。

◆タコのアヒージョ
自宅で切ってきた具材(タコ、マッシュルーム、パプリカ、プチトマト)をアルミケースに入れ、アヒージョ用のスパイス(市販品)をふり、オリーブ油をたっぷりかける。

◆トマトとモッツァレラのカプレーゼ
プチトマトとモッツァレラチーズをアルミケースにいれ、オリーブ油と塩・ブラックペッパーをふる。

どちらもアルミホイルで蓋をし、鉄板の上で弱火で5分〜7分位グツグツやれば出来上がり。
生バジルを散らせてね。

炭火で焼いた薄切りのフランスパンを添えて。

*アルミのケースは100均の製菓用の売り場に置いてある。3枚位入ってるよ。

アヒージョ

ホント、マジで美味いから。
美味すぎて泣いても知らんから。
炭の香りとオリーブ油って意外と相性がいい。

◆しいたけのチーズ焼き(画像なし)

あらかじめ、石づきをとっておいたしいたけをサラダ油を引いた鉄板にかさを下にして乗せる。
かさの内側(白いとこね)にマヨネーズとしょう油を垂らし、薄切りチーズ(4分の1)を乗せてチーズが溶けたら出来上がり。

ホント、マジで美味いから。
美味すぎて卒倒しても知らないから。


◆マシュマロ焼き

マシュマロとダーツブラックとリッツの組み合わせが最強。
*今はリッツじゃなくてルヴァンだった。

3点

炭火

2018071521054718d.jpg


お子様に食べさせたい!
ホントにマジで美味いから。ヤバいから。
感動の涙で公園が水浸しになっても知らないから。

ランニングコースがあるこの公園。
走りたい人は呑む前にね。


にほんブログ村


にほんブログ村

ワルがいっぱい。剣ケ峰山ー武尊山周回レポ

地図


①武尊神社から剣ケ峰山への登山道。


悪評通りのぐちゃぐちゃドロドロのワルい道。
悪路



段差がデカイ。
よっこらしょゾーンばかりでチビのワタシには分がワルい。
悪路


誰が背中にヒモをつけて持ち上げてくれんかのぉ。
ホントに始末のワルい道やわ。


走らせてくれないて言わん。
せ、せめて歩かせてくれ。
さっきから四つん這いだけで進んどるがな。
と、段々機嫌もワルくなる。


な、なんか掴まる枝とかないんかいな?
ったく、胸くそワルいわー。

悪路

うわっ、細尾根の右側は草で隠れているけど、その下は崖になっとる。気味がワルい。


百名山ブランドが泣くでしかし。
おっと、口がワルくてすまん。


どーなっとるん?風向きがワルく剣ケ峰山直下は凍えるほどの強風と寒さやで。
剣ケ峰


②剣ケ峰山から武尊山まで

せっかくの稜線歩きだったのにガスってて眺望はワルい。(一瞬ガスが切れたとこ)
稜線


振り返って剣ケ峰山
尖っててワルっぽい。
剣ケ峰


武尊山山頂からの眺望もワルい。
山頂


足が泥だらけのワル系トレイルランナーがいらっしゃった。


③武尊山から武尊神社へ

垂直なクサリ場を何ヶ所か通過。
ワルふざけしないで慎重にいくよ。
クサリ場

クサリ場


登山靴がずぼずぼ埋まる気色ワルい泥濘。
泥濘


いじワルなメデューサの頭のように絡み合う木の根っこ。
20180714234000c7d.jpg


下山後、せっかく行った水上インター近くの温泉はタイミングワルく定休日。

ワルい虫がつくようなロマンスもなく帰宅。
**

ワルがいっぱいだったけど、
こんな登山もワルくない。


にほんブログ村


にほんブログ村

武尊山の前に降伏する。出来ないことは希望だ。

例えばね、

中学校のバスケ部ではエースだったのに、
バスケの名門の高校に行ったら補欠にもなれなかった、とか、

地元のクラブじゃちょっと名の知れたホステスでも、大都市に行ったらヘルプしかやらせてもらえなかった、とか、

この村じゃ一番の踊り子でも、街に出たら観客なしとか、

なんか、この例え話、へん。

ようはさ、
そこそこ出来ると思っていた事がさ、フィールドが違ったらまるっきり歯が立たなかったってこと、あるじゃん。

ワタシも若い時に会社の推薦を受け、あるコンクールの東京大会に参加したんだけど、
箸にも棒にもかからなくて、結構落ち込んだ。

入賞出来なかったからじゃなくて、自分を過大評価していたことにね。

あ、これ、前置き。

今日はトレランじゃなくて登山。

標高差わずか900mだったから完全にナメていた。
チョロいって(笑)

で、コテンパンにヤラレてきた。

こんなに難儀した登山ははじめて。

片方が切れ落ちている細尾根。

手足を使ってよじ登るところばかり。

手がかりなし、
足がかりなし、
踏ん張るところはドロドロで滑る滑る。
20180712000932b9b.jpg


登山靴はぐっちゃぐちゃ。
顔にまで泥が飛ぶ。

今日は完敗だったけど、
いつかこーいうフィールドを攻略したいと思う。

出来ないことを知ることはスキルアップのチャンス。

出来ないことは希望だ。
山標識



にほんブログ村


にほんブログ村
06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる