はらくだしPPの大問題

食べ放題付き3200円の一日券 しかも40キロの峠走付のレース 奥武蔵グリーンチャレンジ

食べ放題付き3200円の一日券

オマケに40キロの峠走付き。
しかも集団走。
しかも計測つき。

すげー。

今回参加した奥武蔵グリーンラインチャレンジ42.195kmは
イロモノレースの中では最高でした。

オススメしたい10の、なしポイント

1、参加費が破格の3200円
でも参加賞なし!

2、駅から歩けるのでバスを待つ必要なし!
スタートは駅から20分位歩くけどアップにちょうどいい。
ゴール地点は駅まで3分の近さ。
道の駅も併設されているからお土産も買える。

3、ウエブスタートなので混雑なし!

4、更衣室、トイレ、荷物預けは半径50m以内でストレスなし!

5、関門時間が緩いので関門アウトなし!

6、エイドが充実しているのでジェルを携行する必要なし!

〜食べ放題メニューはこちら〜
(覚えている範囲なのでもっとあったと思います)

◇第1エイド 7.5キロ
水、スポドリ
かりんとう
あめ
梅干し

◇第2エイド 12.5キロ
水、スポドリ、コーラ、ファンタグレープ、
Qooオレンジとりんご、OS1、りんご
バナナ
クッキー
蒸しパン
オレンジ
かりんとう
塩、梅干し

◇第3エイド 19.5キロ
水、スポドリ、コーラ、ファンタグレープ、
Qooオレンジとりんご、OS1、緑茶
あんぱん、クリームパン
バナナ
グループフルーツ
フルーツポンチ
クッキー
トマト
塩、梅干し

◇第4エイド 23.5キロ
水、スポドリ、コーラ、ファンタグレープ、
Qooオレンジとりんご、OS1、緑茶
キューリ
おにぎり
塩、梅干し
お菓子
チョコレート

◇第5エイド 30キロ
水、スポドリ、コーラ、ファンタグレープ、
Qooオレンジとりんご、緑茶、OS1、カルピスソーダ
豚汁
かぼちゃ入りおしるこ
五目ご飯
おにぎり
梅干し
ベビーシュークリーム
グレープフルーツ、りんご

◇第6エイド 35キロ
水、スポドリ、コーラ、ファンタグレープ、
Qooオレンジとりんご、緑茶、OS1、ノンアルビール

うどん、そば
りんご
グレープフルーツ
ぶどう
一口あんこ餅

7、ゴール後の荷物はゼッケン見て渡してくれるので自分で探す必要なし!

8、ゴール後の更衣室は旧芦ヶ久保小学校の建物の中なので寒くなし!
201710152247007a7.jpg


9、距離は42.195キロなし!(笑)
(シーだけど、ガーミンだと40.8キロでした^_^;)


10、でもビギニの美女はいないのでバンザーイなし!
(ビキニは6月の奥武蔵ウルトラマラソンでね)

タイムはワーストだったけど後悔なし
わが人生、暇なし金なし


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

奥武蔵グリーンチャレンジ42.195km ゴールまで  もしかして、レースで一番力が発揮出来る時って、人と争っている時かもしれない。

つづきです。

顔振峠を過ぎ、
笠杉峠→関八州見晴台下→高山不動尊→飯森峠→榎峠→狩場坂峠→大野峠→丸山林道と
うねうねと曲がった道を進んで行く。

ゲップをしながら^_^;

基本登りで、たまに下る。

下りのゲップはまあいい。
問題は登りのゲップだ。

品格を重んじる当ブログゆえ、詳細は控えるが、とにかく苦しい。
で、それは段々と胃のあたりにまで及び、吐き気が襲ってきた。

ワタシはすかさずゼッケン裏に貼り付けた胃薬を口に放り込んだ。

**
この辺りの山は全部行ったことがある。

以前は奥武蔵の山域に敬意を込め、こんな記事も書いている。

奥武蔵の山は人気の高尾山域、奥多摩、丹沢にはない自然のままの良さがある。

2017101422111469a.jpg


だからさ、なんか走っていても、愛おしさみたいなもんが溢れてくるんだよね。

標高が高くなって暑さを感じなくなると少しは走れるようになってきた。

で、いつの間にか胃も復活していた。

ラップはわからない。
だってスタートしてから一度も時計を見てないから。

全エイド制覇も初めてだよ。

こういうイロモノレースって強い弱いがあって、単純にフルのタイムで量れないのが面白いところ。

30キロを過ぎると追い越される事はなくなり、前の人を拾いながら進んで行く。

そういえばさっきからずーっとピンクのTシャツのメンズと一緒だ。

特別に意識はしてないが、気がつけばいつもすぐ近くにいる。

追い越したと思ったのに、なぜか前にいて、

追い越されたと思ったら、いつの間にか後ろにいる。

35キロ地点の最終エイドに到着。

ここからゴールまでは標高差600m弱を下って行く。

エイドのお兄さんの『キロ5で走れば35分!!』の檄に、初めて戦闘意欲ってもんがみなぎってきた。

タイムを狙えないレースでも、なにか一つ位は頑張らないとだ。

うん、こっからこっから。

順調に走り、次々と前のランナーをパスしていく。

山で脚は出来ている。
ワタシと同じようなタイムでここにいるランナーには負ける気がしねぇ。

と思ったら、

あ、抜かされた!

またお前か、ピンクT。

ワタシは人と張り合う事を避け、お先にどうぞの精神で人生を歩いてきた。

抜かれたからとムキになって抜き返すとか、
そういうのは美しいとは思っていない。

練習の時も抜かれた人を抜き返す時は、
恥をかかせないように、そーっとバレないように川の反対側に行ったり、廻り道をしたりする。

が、今はレースだ。

もしかして、レースで一番力が発揮出来る時って、
人と争っている時かもしれない。
少しペースを上げ、追いついたらすぐに抜き去った。

抜いた人のマナーとしてペースを落としたらダメだと思う。

更にペースを上げ、離していく。

え…?

なんか、足元からペタペタと音がすると思ったら…

ぎゃー、シューズの紐がほどけれるやん。

このまま走ったら危ない。

林道の脇にそれ、紐を結び直す。

その間にピンクTが横を通り過ぎ、あっという間に離して行った。

ワタシも再び走り出し、嫌味にならない距離感、10mほど後ろにつけた。

2人でどんどん人を追い越し、ガシガシ下っていく。

ゴール1キロ手前から勾配が更に急になり、カーブの連続だ。

大勢の人が溜まっている中、追いかけるオンナと追いかけられるオトコはスピードを落とさずに下る。

あ…
今だ!
チャンス!

カーブを利用してワタシが前に出た。

このままゴールまで行くんだ。

ピンクTの息遣いがすぐ後ろに聞こえる。

いやーー!
来ないでーーー!

丸山林道が終わったら、あとは平地のロードを300m位残すのみ。

大丈夫、散々歩き倒したから脚はまだ残ってるよ。

が、坂道を下り終わったところで、脚がピキーン。

オーマイガー( ̄^ ̄)ゞ

オワッタ( ̄^ ̄)ゞ

騙し騙し走れるレベルではなく、完全停止。

ピンクTはもちろん、追い越したランナーからも抜かされ、ほうぼうのていでゴールした。

ワタシらしいや(笑)

ゴール後、ピンクTの方にご挨拶に行く。
引っ張ってもらった方にはお礼を言うようにしてるんだ。
35キロから5分切って走れたのは間違いなくこの方のおかげだもん。

『あの、後ろに付かせて頂いてありがとうございました。
おかげで良いペースで走れました。最後、刺されちゃいましたけどねー笑』

『いや、こちらこそです。追いつかれないようにもう必死でしたよー。
最後、絶対に抜かそうと思ってたんでマジ良かったです。笑』

〜恥ずかしいけどラップ〜
《1~10キロ》
6:56 6:30 7:11 8:54 9:25
5:50 8:20 933 10:11 7:36

《11~20キロ》
7:13 5:56 9:35 10:00 6:48
7:56 8:12 11:00 7:56 8:03

《21~30キロ》
8:48 8:05 11:15 7:54 8:25
6:41 10:02 8:24 8:48 8:19

《31~40キロ》
7:17 7:47 5:53 6:36 4:58
4:54 4:50 4:55 4:43 4:48

*ピンクT効果

《41キロ》
6:44

あれれ?42キロない・・・??

ということで、この問題の正解は①②③全てです。

この時の頑張りがあったから、7ヶ月ぶりにロードに戻って来られたんです。
登山バナーも外したし・・うん、これからはロード頑張る。

順位は総合で50%弱
女子で30%位でした。

あと、もう一回書きまーす。

にほんブログ村


にほんブログ村

ポヨーンは戦闘意欲を失った者が、『諦め』を無理やり『希望』にシフトする時に使われる危険物質。

つづき

物見山へは狭いトレイルを一列になって登って行く。

あらら、前が詰まっていて走れないわ。

ここ、対面走行だからね、追い越せないんだよ。

残念だわー。

走りたくても走れないって、つれーわーと、

顔で泣いて心で笑うヽ(´∀`)ノ

そういえば今年の元旦は初日の出を日和田山で迎えて、そこから物見山まで来たっけ。

そんな事を考えながら行列の中に身を置く。

物見山からの下りになると、前日の雨でかなり滑る。

アチコチでアーッという叫び声が聞こえてきた。

気をつけてね。

オクムのトレイルはどんな低山だって侮れないんだから。

わずか2キロ位だけど山に入ったら、なんだか気持ち良くなって、楽しい気分になってきた。

物見山を過ぎたら、グリーンロード(林道)に入り、
北向地蔵→『あー』の落書き→スカリ山の標識を横目で見て→一本杉→顔振峠と進んでいく。

天覧山、多峯主山 、巾着田、ドレミファ橋、日和田山、物見山、北向地蔵、五条の滝、伊豆ヶ岳、子の権現は、
西武線沿線に住む小学生なら誰でも知ってる遠足の大定番。

こんなこと書いたって誰もわからないんだけど、子供の作文に書いてあった地名を書きたかっただけだ。

この辺りは年に2、3回は来ている馴染みの道。

ワタシは、大都会の道よりも、観光地の道よりも、川沿いの道をよりも、海の上の道よりも、
緑の中の一本道が好きだ。

あ・・・ヤバイ・・・
いつの間にか、スタート前のコテンパンにやられたいモードがポヨーンモードに変わってきた。

ポヨーンは戦闘意欲を失った者が、
『諦め』を無理やり『希望』にシフトする時に使われる危険物質。

アドレナリンを副交感神経に変化させてしまうのだ。

これに冒されると、辛いことをすることが悪で、気持ちいいことをすることが善となる。

走れるとこでも、周りが歩いているとそれにシンクロし、

周りと同じ行動をすることの安心感が更にワタシから戦闘意欲を奪い取る。

あぁ、楽しいなー。

来年も出ようっと。

頑張るのは来年でいいよね、
今年は下見ってことでさ。
へへへ。

完全に冒されちゃったらしい。

そして極めつけはエイド。
これがまた楽しい。

これは19キロの顔振峠の様子だけど、
誰も走っていません(笑)

2017101223014318c.jpg

だってね、飲み物だけでも、
コーラ、オレンジジュース、りんごジュース、
緑茶、水、スポドリ、OS1、があるんだよ。

セルフサービスなんだけど、『コーラいる人ー』と、ランナーの皆さんに注いで上げたり、
エイドのお姉さんとおしゃべりしたり、
ポヨーンモード全開だー。

エイエイオー!

完全にエイエイオーの使い方間違っとるがな。

タイムは試走の時よりも遅いというありさま。

へへへ

そしてこの後、R2さんのブログにコーラの飲み過ぎに注意と書いてあったのに、
言いつけを守らずガブガブ飲んだ挙げ句にゲップが止まらないという悲劇も待ち受けていた。

写真の右にいらっしゃるピンクのTシャツの方と最後にデッドヒートをすることになるのだが、
この時はまだそれを知らない。

つづく

にほんブログ村


にほんブログ村

奥武蔵グリーンロードチャレンジ42.195kmを走ったのに、全く筋肉痛にならなかったのは何故でしょう?

奥武蔵グリーンロードチャレンジ42.195kmを走ったのに、全く筋肉痛にならなかったのは何故でしょう?

①歩き倒したから
②山で脚ができていたから
③距離が42.195kmもないから

**

当日、高麗神社7:20

会場に着くとすでにスタート地点には長い行列が出来ていた。

このレースは、一斉スタートではなく、7:30〜8:30までに準備が出来た人から1人ずつスタートする方式。

20171010231323a2b.jpg


よって制限時間もスタートした時間によって7時間半〜8時間半(ゴールの制限時間は16時)

グロスタイムはなく、全てネットタイムで計測される。

バルーンもなければヘリも飛んでない。

開会式もなければ、カウントダウンもない。

軽快な口調でしゃべるDJもいないし、体操もない。

太ももパンパンしたり、ジャンプする人もいない。
そっか、ニューハレ貼っているような人はハセツネに行っているんだな。

隅っこで準備をしていたら、多くの人がトイレに走っていく…

と、思ってたら、

あら、もうスタートしてたのね。

そんな感じのゆる〜い雰囲気。

7:55

極めて地味にスタートする。

2017101023132129d.jpg


レースのコースは平坦なとこほぼなし。
ゆる〜い雰囲気とは違い、コースはハード。

痛めつけれるのが好きな人にはたまらないんだろうな。
いや、ワタシだってコテンパンにやられに来たんだよ。

コースはスタート地点の標高は78mから

登って登って下り、
登って登って登って下り、

登って下り、
登って下り、

登って登って下り、
登って登って登って下り、

のアップダウンを繰り返す。

最高標高910mまで登ったらそのからゴールまでガーッと下ってゴール地点の標高は354m

チェッ( ̄^ ̄)ゞ


チェッてなんだよ、お前今、コテンパンにやられたいって言っただろ。

レースプランとか、んなもんはない。

とにかく歩かずに登るのだ!

エイエイオー!

平坦なロードを少し走ったら清流林道のキツイ登りに入る。

歩く…

はい?

あーた、もう歩いちゃったのかよ。

大嫌いなトレミで傾斜10度の登り坂対策はやったはずなのに、なんでだろ?

やっぱ1キロぽっちじゃ効果ないのか( ̄^ ̄)ゞ

あー、きっとアレだ。

職場でお昼休みにこの記事を読んだんだよ。

そしたらゾクゾクと興奮しちゃってさ、

帰宅してからもソワソワが止まんなくて、どうしても自分のブログで紹介したくなっちゃったんだよね。

で、レースの準備もないのしてないのに記事をアップしてさ、

寝るのが遅くなっちゃった。

だから今日のレースがダメだったら全部ヤツのせいにするんだ。

エイエイオー!

エイエイオーって、使うとこ違うだろ。

てな事を考えながらトレイルに入り、物見山を目指した。

つづく


にほんブログ村


にほんブログ村

【速報】奥武蔵グリーンチャレンジ42.195km タイムはふつーだけど走れたことに満足してるよ。

今シーズン初めてのレースに無事に参加することが出来て、無事に完走出来ました。

前回、9月のレースは、はらくだしのPPの大問題でDNSだったので、とにかく走れてゴール出来て良かった。
ホントに良かった。
マジで良かった。
あー、しつこいけど、ほんっとに良かった。
あーあーあー、良かったよぉぉー

それに、トイレ一回だけなんて、快挙だよ。

コース
20171008220420177.png

累積標高2018m(登り)1764m(下り)
*山と高原地図による。

トレイル区間もあり、フルのタイムの1時間増しが目安というコース。

結果は、5時間一桁でした。




なんか…

ふつーだー。

てか、遅いのか…

あまりに登りがダメダメだったから、

もっかいやりてー。

にほんブログ村


にほんブログ村
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる