はらくだしPPの大問題 走ること

緊張と弛緩のLSDで疲労が抜ける(かも)

そのインストラクターのエアロビクスのクールダウンはヨガマットに寝た状態で行う。

インストラクター:
『身体をリラックスしましょうと言っても実は上手にリラックス出来ていない方って多いんです。
心はリラックスしていても身体はリラックスしているとは限りません。
身体をリラックスさせる一番の近道は身体を緊張させることです』

インストラクター:
『はい、お腹引っ込めて、
お尻も締めてコチコチにして、
かかとを前に押し出して脚もコチコチにして、
はい、そのまま静止!』

数秒後

インストラクター:
『はい、全身のチカラをぜーんぶ抜いてリラッークスー』

これを2、3回繰り返すと上手にリラックス出来るようになるんだ。

**

今日は100分のLSD。

身体のどこにもチカラが入らないようにリラックスして走り出す。

1〜4キロ(心拍数)

7:49(133)
7:57(148)
8:21(149)
8:04(148)

これ、全然、ダメだわ。
リラックスどころか、
ねぼすけな身体はまだ目覚めてないらしい。
ペースも上がってこないし、
心拍数も高いままだ。

アレか、
やっぱアレなのか、
んじゃアレやって身体を起こしてやるか。

4キロを過ぎたあたり、
大きなストライドで200mだけダッシュ。

追い込む必要は全然ない。
ゼーハーする前におわりにする。


5〜13キロ

7:38(151)
7:32(161)
7:22(137)
7:32(128)
7:29(127)
7:20(129)
7:32(127)
7:24(127)
7:32(125)

ほらね、
8キロ目位からフッと身体が軽くなって、
心拍数も120台に落ちついてきた。

脚が軽くなるから地面からスッと離れる感覚。
前に行きたがっている脚を制している感覚。
ゆっくりでも良いフォームで走っている感覚。

呼吸は安定していて気持ちも上がってくる。

楽しくなって頭の中は超くだらない事が巡る。

とても幸せな100分終了。

ランも仕事も恋愛も、
緊張と弛緩って大事よね。

メリハリとか、

アメとムチとか、

ボンキュッポンとか、

あれ、段々離れて行ってる?・・(汗)

**

肩をぎゅーっと上げてからぱっ、と下ろしたり、

胸を開いて肩甲骨をぎゅーっと寄せてからぱっ、と離したり、

片手を上げて体側をふぎゅーって伸ばしてからぱっ、と離したり、

上半身も緊張と弛緩で楽になる。


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

30キロ走 パートナーと息が合わない時、どちらの意見を優先するかで結果が変わってくる。

パートナーと息が合わない時、

どちらの意見を優先するかで結果が変わってくる。

久しぶりの30キロ走。

ペースは5:40の予定。

1キロ目
6:20
時計:
あれ?調子悪いんじゃない?

身体:
まぁ、アップだからこんなもんよ。

2〜5キロ

5:51
5:54
6:04
5:51

時計:
ちょっと何やってんのよ!
今日は5:40で走るんじゃなかったの?
ベースを時計に合わせなさいよ!

身体:
走り始めは身体に合わせるの!
貴方に合わせてたらろくな結果にならないんだから。

時計:
ふん、失礼なオンナねー。
どうなっても知らないから。

身体:
大丈夫、ちゃんと帳尻合わせてみせるわ!

20キロ地点
あるものを摂取したら10秒速くなる(笑)

25キロ過ぎ

時計:
(電池残量低下の表示)
ち、ちょっと、私を消してしまうつもり?

身体:
大丈夫、前半ペース上がらなかった分、まだチカラ残ってるから。

ゴール

平均心拍数151

図

1-15
16-30


時計:
ふん、まぐれでもなかなかやるじゃない!

身体:
じゃかましいわっ!

時計:
そ・れ・か・ら‥

身体:
な、なによ?

時計:
私が言うことじゃないけど、
ちゃんと身体を労わりなさいよ。

身体:
・・・はい。

ゴキロマデハゼッタイニトバサナイホウガイイラシイゾ

にほんブログ村


にほんブログ村

ウルトラマラソンエントリー 成長するほど困難が楽しくなり、劣化するほど楽ちんが楽しくなる。

コメントが嬉しくて、有頂天倶楽部に入った。

コメントを読んだ5分後に迷っていたウルトラマラソン100キロにエントリー。

ウルトラマラソンで一番キツかったのは60キロ地点かな。

ここからフルマラソンの距離を走らなければならない絶望感を味わった。

80キロ地点からは肉体的に走れなくなり、
情けなさで下を向いた。

そして脚の疲労以上に辛かったのが吐き気との戦い。

後半はジェルも受け付けなくなった。

ゴールした瞬間は感動する体力も残ってなくて、無表情でボーッとしていた。

こんなにも辛かった100キロ走にまた挑戦したくなるのはなぜだろう?

それは、自分が成長している証だと思いたい。

成長するほど困難が楽しくなり、

劣化するほど楽ちんが楽しくなる。


にほんブログ村


にほんブログ村

去年の自分を超えたくて/ 初めてのガチゆる走

今日のランニングは7キロ。

なぜ7キロかと言うと、一昨日に行ったペース走(16キロ @5:28)の疲労が抜けていなかったのと、
去年の同時期に7キロ走っていたから。

去年の自分に追いつきたくて、
去年の自分を超えたくて、

去年の自分と比べるために、
同じコース、同じ距離を走ってみたりしている。

1キロ目 6:17

ほらね、やっぱり疲労抜けてないわ。
身体重い。

よし、じゃあ、ガチゆる走ってヤツをやってみよう。

去年のワタシ、これ、知らねーだろ!

結果はこちら。

201801112354138da.png


2キロ目と3キロ目だけガチで、
4キロ〜7キロまで超スローペース。

ワタシ、ゆっくり走るのがホントに好きだし、
上手いと思う。

これ、すごいわ。
明らかに疲労が抜けてるのがわかる。

今までは、どんな時でもラストは上げて終えていたけど、

脚のためにはラストは下げて終えた方がいいのかもしれない。


にほんブログ村


にほんブログ村

調子が上がらない原因はやっぱりアレか、そうなのか‥


体感ペースより実際のペースが遅い時は、必死で原因を探すんだ。

しょうがないよ、こんなに暑いんだから。

しょうがないよ、こんなに風が強いんだから。

しょうがないよ、昨日のロング走のあとだし。

しょうがないよ、残業続きだし。

しょうがないよ、病みあがりだし。

しょうがないよ、脚の痛みがあるし。

しょうがないよ、こんな日もある。

こんな風に何かしらの原因(言い訳)を作って慰めている。

故障がなければ記録はまだ伸びると思っていたし、
最低でも走力は維持出来ると思っていたのだが‥。

**

今日はペース走5:40で20キロ走の予定だった。

結果はこれ。

20180107231202d60.png


注)ジョクではなく必死(笑)

体感より15秒位遅い^_^;

特に原因はなし。

夜も走った。

結果はこれ。

201801072321059d0.png



ダメだ。
調子が上がってこない。

特に原因はなし。

いや、実はある。

言いたくないけど、

本日、ランを初めて以来の体重PBを計測。

やっぱり原因はデブか、

そうなのか。

にほんブログ村


にほんブログ村
01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる