はらくだしPPの大問題 レース

名古屋ウィメンズ5日前 2014年のブログ村大応援団を思い出す。

昨日の続き

苦しく(腹が)、悔しいレースの中、
唯一テンションが上がったのが、
33キロ位で見たブログ村の大応援団だった。

遠くから見えていた大応援団が、
だんだんと近づいてくる。
うわっ、心が浮き立ってきた。
ドキドキ…ドキドキ…

いつも、楽しく読ませていただいているブロガーの皆様に一言お礼が言いたい。

いつも皆様の記事から、
情報を得たり、
元気をもらったり、
笑ったり、
共感したり、
エネルギーの源になっている。

頂いてばかりのワタシ。

ここは、キチンとお礼を言うとこだ。

しかし…

誰に?

どうやって?

だいたい、ただの読者のワタシ。
コメントも入れた事もない。

『誰だよ、こいつ』

って、思われるよな。

まあ、普通はそうだね。

きっと、お仲間の美ジョガーを待ってるんだよね。

このまま通り過ぎちゃった方がいいかなー

ワタシ、ブログでは雄弁だが、実際はちっちぇーオンナだ。

ワタシ、慎ましく、ひっそりと生きているオンナだ。

そんなワタシがよ。

気がついたら、いきなり脚を止め、仁王立ちになって大声で叫んでいた。

『ブログ村、がんばれー』

何人かの方が気がついてくれ、
『オー』と返してくれた。

嬉しいーーー。

調子に乗ったワタシは、続けてまた叫んでしまう。

『○○○○○さん(昆虫)はいますかー?』

一人の方が、隣の方に何かを伝え、
キョロキョロ周りを見て探して下さった。

そして、手を横に振り、

『いなーい』と。

ああん、残念だわ。

でもブログ村の応援団の近くを走れたことだけで幸せでした。

あの時はありがとうございました。


にほんブログ村

にほんブログ村


スポンサーサイト

【勝田マラソン2016 最後】Cちゃんのレース『自分から試合をおりることはしないよ』

ワタシの唯一のラン友、

Cちゃん♀とは同じ時に走り始めた。

Cちゃんの初フルは5時間49分位だったかな?

初フルの場合、最初に飛ばしちゃって、
脚が売り切れちゃうってパターンが多いと思うけど、

Cちゃんの場合は、ずーっと7:45ペースたったと思う。

当時からスピードはないけど、持久力はあったのよね。

Cちゃんはそれはそれはストイックに練習していた。

走り始めはキロ8:00だったスピードが、

キロ7:00になり、

キロ6:30になった。

マラソン2年目の北九州マラソンでは、4時間43分。

マラソン3年目のつくばで4時間34分。

スピードはどんどん速くなって、

一年前のハイテクハーフでは、
キロ6:04で走れたし、

同じく一年前の東京30Kだって、30キロを3時間ちょっとで走ってみせた。


次の静岡で4時間半切れるのは間違いないところまできてたのに、

昨年の東京30Kで故障してしまった。

今シーズンは、春先に治りかけたんだけど、秋からまた思わしくなく、

故障から一年経った現在も続いてる。

痛い個所も、膝、足首、股関節、臀部と、一箇所というわけではなく、

痛い脚も左だったり右だったりと定まっていない。

勝田が近いてくるも、回復の兆しもなく、

と、いうか、更に悪化し、練習のペースはキロ8

直前練習では、

『悲しいくらい痛い』レベルとなり、

そして、

『笑っちゃうくらい痛い』レベルになってしまったようだ。

良くないことが起きた時の行動で、人間性がわかる。

Cちゃんは、『キロ8で走れば完走出来る。目標は5時間55分』

と、いじけるそぶりも見せず、
その時の自分が走れるペースで走ることを選択した。

脚のためにどうだったかということは置いといて、

本来の目的タイムより1時間半も遅いタイムを目標にするCちゃんの精神力を讃えたい。

******************
ワタシがゴールしてすぐに応援ナビを見る。

ドキドキ‥

よし、30キロは通過出来ている。

5キロ毎のペースは、36分台〜39分台。

大丈夫、キロ8以下で走れている。

陣地のレジャーシートに体育座りしながら、

何度も何度ももスマホを更新する。

そんなに押したって変わらないのに、
押さずにはいられない。

やった!35キロ通過だ。

ペースは5キロ38分。

よっしゃー。ペースも落ちてない。

あと、7キロ。

必死に脚を動かしてるCちゃんを想うと、涙が出てくる。

40キロ通過。

よしっ!よしっ!
5キロ38分だ。
堪えている。
このままイケー。

もう、涙が止まらない。

ワタシはCちゃんのダウンを持ち、

ゴールゲートに向かって飛び出していった。

Cちゃんのゴールを

しっかりと目に焼き付けるために。


Cちゃんのタイム

5時間24分
(前半2時間43分、後半2時間41分)


以下、Cちゃんの日記

勝田マラソン当日
試合に出られるだけで嬉しいんだから、
自分から試合をおりることはしないよ。と歩を進めた。


『何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。
やがて大きな花が咲く。 』


にほんブログ村

にほんブログ村

【勝田マラソン2016】お口の恋人は白い恋人 ワタシの恋人は黒


勝田マラソンの補給

〈スタート前〉

ペスパ
スーパーヴァーム顆粒

〈レース中〉

5キロ毎に、ジェルと粉もんを交互に摂る。

[ジェル]
8キロ クリフ エナジージェル
18キロ ショッツ カプチーノ
30キロ メイタン金

[粉もん]
13キロ スーパーヴァーム顆粒
23キロ アミノバイタル顆粒
33キロ 芍薬甘草湯


走っている最中はね、ワタシの身体の細胞達が、みーんな脚の方に行っちゃってるみたいでさ、

胃の消化班や吸収班のメンバーが不在なわけ。

なので、消化吸収に負担のないジェルや粉もんを摂ってるんだけど、

ジェルはドローッとしててちょっと苦手。

手が汚れるし、おててベタベタのまま、次の給水所まで我慢するのって、

ちょっとアレじゃない?

給水所で摂ればいいんだろうけど、
給水所の人混みにね、
ビビったりするわけよ。

で、ちょっとでもご機嫌で走るために今回新登場したのが、

ブドウ糖。

キャッチコピーには、
『ココロとカラダの元気をサポート』
って書いてあるように、

失われた糖分をすぐに補給できるんだって。

少ししんどいなって感じた時にお口に放り込むだけ。

すると、シャキーンって元気になるの。

脳が目覚めるって感じかしら?

18個入り180円だから、コスパもいいでしょ。

全部で6つ位摂ったかなー。

ラムネタイプも試してみたけど、溶けやすい方がワタシは好き。

甘いもの好きにはたまらない。

ウットリする美味しさなんだから。

30キロ過ぎて、ジェルも摂れなくなった時でも、糖分の補給をしてくれた、

白く四角い頼もしいヤツ

ワタシのお口の恋人は白い恋人



でも、今日一緒にベットインするのは黒い恋人




にほんブログ村

にほんブログ村


【勝田マラソン2016 ラスト】最後は気持ちって言うけど気持ちだけじゃ走れない。文句ばかりの身体を励ますんだ。


いつも、35キロからゴールまでの7キロは上手に走れない。

メイタンの魔法はとっくに解けていた。

腸だけではなく胃も弱く、疲れてくるとオェッとなるワタシは、エイドでの給食は一切摂らない。

ましてや今はPP問題を抱えている最中。

ジェルだけでここまで走ってきたが、
そのジェルでさえ摂れなくなっていた。

ここから先は無補給で走らなければならない。

最後は気持ち…


あ、そうそう、

最後は気持ちって言うけどさー、

気持ちだけ盛り上がっても

身体はついてきてくれないんだよ。

ワタシの身体から文句が出る。

身体『もう、疲れたし。そんなに頑張らなくても、多分、PB摂れんじゃね?』


身体『ねね、もうサブ4は無理なんだし、楽なペースで走っときゃいいっしょ』


身体『てかさー、さっきから何も食わせてもらってないんですけどー』


身体『げ!またスポドリかよ!』

身体『げ!また坂道かよ!』


こういう子は叱ったらダメだ。


褒めながら、励ましの言葉をかける。

気持ち『身体くん、よく頑張ってるわねー。その調子よ!』


気持ち『あなたはやれば出来る子』


気持ち『偉いわー、ふぁいと!』


気持ち『もうちょっとだけ、ストライド伸ばしてみましょうよ。イチ二、イチ二』


気持ち『ゴールしたら、ダラダラしながら、コーヒーとチョコ食べちゃおっか』


気持ち『だから、も少しだけ、頑張ってみようね』


必死に身体を励ます気持ち。

身体も、気持ちの励ましに応えようと
なんとか6分ちょっとで堪えていた。

36〜40キロ(30:56)

6:03
6:08
6:05
6:16
6:06

上出来!
上出来だよ!
身体くん。
******************
身体と気持ち『すみませーん。こんなペースでしたが、最後まで力を出し尽くしました』

41キロ〜ゴール(14:07)
6:20
6:32
2:21

ありがとう。

頑張ったワタシの身体と気持ちに感謝。

あなた達は、ワタシの誇りです。

おわり


にほんブログ村

にほんブログ村

【勝田マラソン2016 前半】ぎゃー!コースのスポンジって、アレだったのぉー?チューチューしちゃったよぉー。

「名古屋はきっと暑くなるから・・名古屋で・・なんて言わずに、勝田で狙いなよ。」
Cちゃんにそう言われながら、陣地で握手をして別れた。

トイレでグズグスしているヤツを気にしながら、Eブロックに進む。


当日の天気予報は晴れのち曇。
暑さとお日様には弱い。

「暑さに弱いヤツこっち来い! 』

『いいか、ワタシなんてこんなに弱いんだぜ!』

と、威張るほど弱い。

気温が低くてもお日様が出ていると、
ヘナヘナになってしまう。

お日様が出るなら、雪が降った方がマシだ。

あ、でも風はイヤだ。

ベストは、気温2度位・無風・曇り・湿度50%位

空の神様に自分好みの気象をリスエストしているんだけど、

まだ、リクエストを叶えてもらえる順番はきていない。


気象条件の影響が少ない人と多い人がいる。
コースの起伏の影響が少ない人と多い人がいる。
どんな条件でも走れる人が強い人だとしたら、ワタシはメチャ弱い人だわ。

******************
号砲が聞こえた。
いよいよスタート。
初めての勝田マラソンの始まりだ。

スタートロスは5分20秒
1〜5キロ (28:38)

6:11
5:32
5:39
5:32
5:30


まだまだ混雑しているコース上。
何人か前を走っている人がアミノバイタルパーフェクトゼリー(赤いやつ)をコース上に落としたらしい。

キャップが外れてたから、飲もうとキャップを外した時に手が滑ったか…

ワタシの少し前の人が、それを踏んだ。

と、細い飲み口からぴゅーっとゼリーが噴射して、

ワタシのウエア全体にべちょーっとかかった。

なんなんだよー。
ち、ちめたいよー。

という気持ちは封印し、

落とした人を気の毒に思った…

事にした。

他人への思いやりを神様にアピールし、
ご慈悲を受けようとするあざといオンナ
ここにあり。

が、神様にはバレていたみたい。
やっぱりか…
すでに暑い。
アームカバーを手首まで下げ、
フレンチスリーブの袖をまくりあげる。
*********************************
6〜10キロ(27:41)

5:30
5:33
5:28
5:33
5:30

このペースでは最後まで持たない事は承知している。
特に37キロからはガクンと落ちることは想定内。

走り始めて4年目
フルマラソンを走るのは10回目。

いつも自信がなくて、「1秒でもPB更新」を毎回の目標にしていたが、
Cちゃんに、『調子がいい時はもっと攻めていいんじゃない?』と言われ、
ビビリながらもPB3分更新の4時間10分切りを目標にしたのは前日。
**********************************
10〜15キロ(28:00)

5:35
5:28
5:28
5:34
5:49

4時間10分切りだと、平均ペースが5:50だとゴエモンさんが教えてくれた。

ハーフまで5:30〜5:40のペースで走り、貯金を作っておかないと。

30キロ過ぎると6分を切れなくなり、ラストは6:30まで落ちちゃうからね。

**********************************
15〜20キロ(28:13)

5:36
5:37
5:40
5:42
5:33

なんとか20キロまでは持った。

相変わらず陽射しが強い。
エイドでは水をかぶり、体温を下げる。
**********************************
21〜25キロ(28:35)

5:37
5:45
5:43
5:38
5:39

ボリュームゾーンのワタシの周りにはいつでもランナーが大勢いる。
周りと一体化しての集団走行は、ワタシにとっては走りやすい。
でも、集団走行で安心していると、ペースが落ちても気がつかない。

ほら、やっぱり落ちてきている。

お、ありがたい。
スポンジテーブルが用意されている。

2つ取って、一つは首筋にかけ、
一つは口に含んでチューチューした。

チューチューした。
もう一度言うけど、
間違いなくチューチューした。

チューチューした後はゴミ箱に捨てる。

この後のコース上のスポンジも全部チューチューした。

え?

も、もしかして…

その事を思い出したのは、ゴールした後。

Cちゃんに言うと、

『えーーー?飲んじゃったのー?
アレって、前の人が色んなとこ拭いたスポンジを再利用するから飲まない方がいいって、本に書いてあったよー』

マジか…


にほんブログ村

にほんブログ村
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる