はらくだしPPの大問題 ラン友 Cちゃん

ハセツネ30キロ Cちゃんの結果と、ゴールタイム5時間半〜6時間半位の方々の応援

ハセツネ30キロにエントリーしていたラン友のCちゃん。

青梅マラソン以降はまた坐骨神経痛の調子が良くないようだ。

金曜日も笑っちゃう位痛いと言っていた。

完治しない坐骨神経痛

一年目は、焦っていた、という。
二年目は、悲しかった、という。
そして、今年、
三年目は、何も感じなくなったという。

調子が良いと期待して、裏切られて、

調子悪くてやさぐれていると、フッと痛みが消えてみたり、

そしてまた痛くなったり、ならなかったり。
そんなことの繰り返しなのだと。

ロードの練習はほぼ出来ていないながらも、
トレイルだと痛みも軽く感じられるという。

ハセツネ30キロはロードの割合が高く、
ロードの速度はキロ8と、致命的に遅いCちゃん。

でもね、今日、彼女はとっても頑張ったよ。

20180401231606e2a.jpg

スタート直後、
トレイルに入るまでの10キロ弱のロード。
普通は渋滞を避けるためにかっ飛ばす区間だ。

ゴール後、Cちゃんはゲラゲラ笑いながら

『あのね、最初のロードがさ、ホントにひどかったんだよ。
まぁキロ8だから私からすると予定通りなんだけどね、
前後だーれもいなくなっちゃって、
トレイル前なのに、コースアウトしたかと心配したよー。』


『ボランティアの人にさ、私が一番最後ですかー?って聞いたらまだ後ろにもいるって。
で、後は抜かすだけだからって言ってもらったんだよ。あの言葉は嬉しかったぁ』


『登りはガシガシイケるからさ、ドンドン前の人を抜かせるんだよ。
でも、途中のロードで全員に抜かされるんだよ。ギャハハ』


『とにかくさ、トレイル前のロードで最後尾でも完走出来るって証明出来たんだよ!』

**

ワタシは、今熊神社を過ぎて、トレイルの最後の登りあたり地点で応援していた。

ゴールタイムが5時間過ぎから6時間半位の方々だったと思う。(ゴール関門は7時間)

大切なのは情報提供と、一人一人への声かけだ。

ほめる、ねぎらう、はげます、笑かす。

なるべくランナーが元気になれる言葉を選ぶ。

『登りはここで終わりでーす。あとは気持ち良く走れるトレイルだけど、走らなくても間に合いますよー』(と、声かけると走り出す方が多い)

登りを走ってるランナーには、

『すごい!ラストなのに走れるんですね!』

『トレイルランナーですから!』(爽やか)

『ラストの林道は暑いけどガマンしてー』

(ランナー全員が)『はーい』

『ゴールしたらビールでしょー』

『あたりまえじゃー』(と言って走り出す方)

『完走出来るかなぁ?』(心配そう)

『よゆーッスよ、ぜんぜんイケます』

『ハセツネ、チョロいよー!笑』(やけっぱち風)

『アハハ、そーだ、そーだ、チョロいチョロい』

『もうお腹いっぱいでーす』

『そりゃそーだよ、こんなに頑張ったんだもんね』

『おねえさんに声かけてもらったら元気でたよ』

『うん、ワタシも元気出た。その調子でラストいってみよー』
**
現れたCちゃんとゴールの手前まで併走する。

ゴール直前のロードでは帰り支度を済ませたランナーさんが一斉に拍手で迎えてくれた。

なんかさ、ちょー感動したよ(選手でもないのに)

帰りの電車は完走祝いに缶チューハイを開けた。(選手でもないのに)

今日はたくさんの元気をもらった良い日だった。

にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

ラン友のCちゃんの日光ウルトラ62.195キロの結果 Cちゃんのブログのご紹介

レース当日のLINEです。

左の白い吹き出し:Cちゃん
右のみどり色の吹き出し:ワタシ

7/2(日) 

7:56 第1関門 13.3キロを10分前に通過   関門閉鎖時間は8:00 
(9:47にワタシは33キロと書いていますが実際には37キロ辺りだった模様)
8:47 20キロ通過
10:21 30キロ通過



(ワタシ 10:38 41キロ通過)
10:51 33キロ通過
11:05 鬼の階段通過
11:26 第2関門 36.9キロを5分前に通過    関門閉鎖時間は11:30



11:59 40キロ通過



13:32 50キロ通過 ギリギリ生活続くわらって・・・日本語変になってるよー



13:56 第3関門51.9キロ通過 関門閉鎖時間は14;00
14:46 あとごきろ
14:54 あと4
15:02 あと3
16:27 Pちゃんゴールした~



Cちゃんはブログをリスタートしました。
よろしければどうぞ。
ギリギリCCのポンコツからの卒業シーズン(希望)


にほんブログ村


にほんブログ村

故障を抱えながらレースを迎える人が博多弁で書いたブログ記事を紹介します。

ラン友のCちゃんが東京マラソンを走る。

東京マラソンの1ヶ月前から毎日更新している彼女のブログ。

どこにも登録していない。
自身のためだけに書いている。
こういう人もいるんだよ。

今日の記事は、故障を抱えながらレースを迎える彼女の心情がありのまま描かれている。

私の好きな記事だ。

彼女のブラックには、闇ではなく希望が見えるから。

同じように長引く故障で思うように走れない方にエールを送ります。

******
(博多育ちのCちゃんのブログから  本人の了承は得ています)

~マラソンブラックと情熱のレッド~

マタニティブルーならぬ、マラソンブラックじゃーゴラァ∑(゚Д゚)

マラソンはメンタル重要なスポーツだと思う。
だから、私はレース前はポジティブなことしか考えない。
あ、レースはネガティヴスプリットだ(`_´)ゞ(目標は)

だがしかし!
やさぐれCCにはブラックな部分が隠れてる。
いつも考えないようにしてるけど、あえて今日は吐き出してみるぜ∑(゚Д゚)

まず脚。去年よりはマシばってん、脚は完治していないけんね!
脚なのか、腰なのか、坐骨神経痛なのか、ようわからんけど痛いもんは痛いったい!

だいたいくさー、整骨院に5月から週二回、ぴしゃーと通って、
二週間に一度はJKCばやっとるのに、なしてこげんありますと?
いっちょん、痛いのなくならんやん!
いつんなったら卒業出来るとね?

去年と違って、『まともに走れん』って思っとーけん、
完走タイムとかレースプランとか考えることも出来んとよ。

前日までDNSかもしれんって覚悟しちょーけん、
テーパリングとか、カーボローディングとか、
補給とか考える楽しみもないったい!

レースにジェルば持っても、30K過ぎに勝負出来んけん、
メイタンなんかいつもお持ち帰りしよっちゃけんね!

そんなら、ファンランって仮装ばして楽しめゃーよかやん?って思うかもしれんけど、
楽しめるほど練習出来てないけんね〜

いっつも痛くなったらやめーっちゅって、思いきり練習も出来ん。
速くなる練習もいっちょん出来ん。

こんなんなら、やっぱ東京マラソンを最後の花道にしよっかねーとか考えたりもするけんね〜

『走れるだけでもうけもの』って言う人もおるけど、自分はそうは思えんのよ。
やっぱ、痛いとに走ってもつまらんったい。
痛くて走るってどうかしとーとも思うったい。

あ、この記事オチがないやんね(笑)

やさぐれブラックだけど、本番で着るTシャツはレッドだよ。(情熱の)

東京マラソンまで、あと5日


立ちあがった時の喜びは、転んだ人でないとわからない

にほんブログ村


にほんブログ村

東京マラソン当選の日のCちゃんの日記 (ちょっと泣いた)

Cちゃんは故障してからランブログを書き始めた。
公開はしているものの、どこにも登録していないので、閲覧者はほぼいないと思われる。
東京マラソン当選の日に書いたブログの内容がとっても素晴らしい。(ちょっと泣いた)
ぜひ読んでいただきたくて、ここで紹介させていただきますね。

【Cちゃんブログからの引用】本人の了承は得ています。

まさかのTOKYO当選*\(^o^)/*

今だから言えるけど
今年は当たるような気がしていた(^^;;

だって、昨シーズンのわたし、あまりに可哀そうだったから(´・_・`)

DNSこそなかったけれど、まともに走れたレースはほとんどない。

ちょうど、一年前の今頃からずっといつもどこかしらが痛くて、
まともな練習なんて全く出来なくて、
PBどころか完走すら毎回危うくて
いや、スタートラインに立てるかもビミョーだったね。

チャレ富士の後、しばらくは歩くだけで痛くて痛くて
走ることなんて全く考えられずにやさぐれて
もはや、レースに出る意味すらわからなくなっていた。

6月になってリハビリ生活が始めた頃に
超難関のエントリー合戦で、フルマラソンをゲットして、
同じ頃、抽選のフルマラソンにも当選して
それらを目標にランを再開した。

そして今日、過去最高12倍のプラチナチケットまで手に入れることが出来た。

マラソンの神様は、まだ走れと仰っているようだ。

まだまだ、思うようには走れなくて、またやさぐれそうなのを気づいてたのか?

今年のEXPOに痛い足を引きずりながら一人で行って、
何とかモチベーションキープしようとしてたのを見ててくれたのか?

何はともあれ、TOKYOは一生に一度あるかないかの、大舞台。
必ず完走するよ(・ω・)ノ

その日を笑って迎えられるように過ごしていきたい今シーズン。

焦るな。まだ先は長い。


にほんブログ村


にほんブログ村

Cちゃん「私の故障生活なんてたいしたことないよ、もっともっと辛い思いをしている人がいるよ」
そんな方の励みになれば幸いです。

Cちゃんのその後・・・・・遠回り、振り返れば必要な道

Cちゃんとは同じ職場だが、課が異なってから接点はなくなった。

が、購入した新居がたまたまワタシの近所だったことから、通勤で顔を合わせるようになり、再び親しくなった。

山が好きなワタシはすかさず彼女を山の世界に引きずり込んだ。

○八ヶ岳(赤岳、硫黄岳、横岳)縦走×3回
○八ヶ岳(蓼科山他縦走)
○八ヶ岳(天狗岳)
○八ヶ岳(編笠山、ギボシ、権現岳)×2回
○南アルプス (甲斐駒ヶ岳)
○南アルプス (北岳、間ノ岳)一泊二日縦走
○北アルプス(常念岳)
○北アルプス(燕)
○北アルプス(表銀座から槍ヶ岳縦走)二泊三日


アルプス以外の百名山だと、
○両神山
○男体山
○丹沢山
○赤城山
○金峰山
○瑞牆山
○四阿山、根子岳
○湯の丸山(百名山じゃない)
○谷川岳
○雲取山

その他、近場の山は数え切れない。

ランニングをするようになっても、5月〜9月は山に出かけていた。

Cちゃんは下りが得意で、特にザレ場は走りも歩きもかっこいい。

今年は北アルプスの穂高連峰にアタックしようねと言ってたけど…
難しい状況だ。

Cちゃんはチャレ富士から1ミリも走れてない。

走れないどころか、歩くのも痛いようで、週二回の整骨院通いが続いている。

そんなCちゃんからのお誘い。

登山ではない。
トレランでもない。
リハビリと現状確認のため、
低山ハイキングだ。

『Pちゃんにとっては物足りないと思うけど、年寄りと歩くつもりでね』

不安そうにCちゃんが言う。

行ったのはオクムの超入門コース

201606022332251af (234x400)


高麗駅から日和田山、高指山、物見山、北向地蔵、五常の滝、武蔵横手

小学校3年生の遠足コースを、
ガーミンも持たず、ゆっくりゆっくり、
おしゃべりしながら、歩く、歩く。

Cちゃんの長すぎる故障。
なかなか光が見えてこない。

Cちゃんはまだワタシのランの話が聞けないと言う。

エア柴又の応援やエイドも辛いと言い、辞退された。

ワタシのブログの事で険悪にもなった。

でも、今のこの辛い経験が、
いつか大きな財産となると思う。

いつか必ずと願う。

Cちゃんの復活を望んでいるのは、
本人より、ワタシの方なのかもしれない。

遠回り、振り返れば必要な道。

******

入門コースは意外と楽しくて、
タイムを追いながら走ってると見えないものが、輝いて見えた。

******

ワタシはランで無理したばかりに、
脚が痛くて、Cちゃんに着いていけないというオチ。


にほんブログ村


にほんブログ村
05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる