はらくだしPPの大問題 大阪マラソン2016

そんなわけで4年前に大阪で食べた「たこ焼き」はノーカウントにしてもらいましたぁー。

ワタシにとっての「たこ焼き」は、屋台で売られている10個入り350円位のものだ。
自分からは好んで買ったことはない。

お祭りに行った家人から、お土産だよと手渡され、
食べる頃には冷めていて、
チンし過ぎてアチチチチとなって、
口の中がソースと青のりだらけになって、
ドロドロの中で唯一感じる食感がタコで、
タコが入っていたことにホッとして、
美味しいとかマズイとか感じる暇はなかった。

それがだ、4年前に大阪に来たときに友人に連れてってもらい、はじめてホンマもんのたこ焼きを食べた。

難波の有名なたこ焼き店。
1階で作ってもらって、二階で食べられるようになっている。

出来立てのたこ焼きを前にワタシは少し緊張していた。

目の前の大阪人に、驚きと感動を伝えなければならない。

ゲストの喜びはホストの喜び。

全てはワタシのリアクションにかかっていた。

ここはひとつ、

あまりの美味しさに一瞬言葉を失い、一旦、間を溜めてからガツガツ食い始めるドラマ風を演じでみるか、

お向かいの人が目を離した隙に一つ盗んじゃう男女7人夏物語の大竹しのぶ風をやってみるか、

うんまぁぁぁぁーーいと手足をバタバタさせて、空に舞い上がっていくアニメ風はどうか?

はぁはぁ・・こんなの・・・はぁはぁ…PP初めて・・とエロコミック風はウケるか、引かれるか…勝負してみるか、

拙は本物のたこ焼きを知らなかったでげす。
大阪自体何もしらねぇでね馬が合わないと勝ってに思ってたんじゃねぇかと・・・と、
美味しんぼ風に語ってみようか…

味わうより、交流を優先していた。

ワタシってば、サービス精神が強すぎて、ついつい人前で道化師を演じちゃう。

だから味がどうだったかなんてまるで覚えてない。

そんなわけでここで食べた「たこ焼き」はノーカウントにしてもらいましたぁー。

******
10月31日(月)

大阪市内のマンションの一室

この日のために有給をとった5人が揃った。

テーブルの上には、主役の『イワタニ カセットグリルたこ焼器 炎たこ 20穴 』がドーンと置かれていた。

たこ焼き

にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

大阪人は一家に一台たこ焼き器を持っているというのは本当か?

今回の遠征は三連休をとっていた。

大阪マラソンの翌日は、『タコパするから絶対来てー』という友人宅にお邪魔する予定だ。

手土産は何にしようかと思案した結果、選んだのは高級スーパー『成城石井』の食品。

選りすぐりの商品の中でも特に人気のある商品を厳選して持ってきていた。

いい?

『成城石井』は、そこらのスーパーじゃないんだからね。

だってほら、『成城』がついてんじゃん。
東京で田園都市、成城と言えば、超高級住宅街。

成城を筆頭に、人気エリアに出店している。

『成城石井の◯◯』って言っただけで、庶民がひれ伏す威力を持ってやがるんだ。

ま、私がどんなに気張って言っても、関西の方はピンと来ないよね。

いーの、いーの、わからなくて。
とにかくね、東京にはそんな高級スーパーがあるってことよ。

おっほほほ。

*****

大阪マラソン前日

降りた新大阪の構内で、いきなり目に飛び込んできたのは『成城石井』の店舗。

へ?

マ、マジか…

駅を降りるたびに、
そう、例えば難波の駅構内でも、
そう、例えば上本町の駅構内でも、

kioskのように、
コンビニのように、
当たり前のように大阪の街に馴染んでいた。

店内の商品は高く積まれ、
店の前には大きなカゴに入った「お買い得品」が溢れている。

色鮮やかなペンで描かれたポップは楽しげで、行き交う人びとの注目を集めていた。

あれ?

想像してるのと違い、ずいぶん賑やかな店なんだな…

って…

お前

『成城石井』の実店舗行ったことねーだろ。

******

大阪マラソン翌日

友人宅にお邪魔した私は、

『成城石井』の食品の入った紙袋を、

隠すように部屋の隅に置いていた。


にほんブログ村


にほんブログ村

まだ、たこ焼き器もテーブルに出てないわ。

大阪マラソン2016サスペンス 消えたPP 7人の証言 そして誰も見なかった。

ゴール後はCちゃんを待ってホテルに戻る。

疲労感はない。

お風呂に入ったら難波に向かう。

応援してくれた人達が宴の場を用意してくれていた。

お店はワタシのリクエストで焼き鳥屋

今回、初めて食べた『せせり』に感動。
******
ランナーは、PPとCちゃんとサブ4美女ガーAさんの3名

応援隊は非ランナーで7名

PP達が大阪に来るから久しぶりに応援の名目で集まっとく? ってとこだろ。

ランブログをやってることはCちゃんを除いて誰にも言ってないから、はらくだしさん、とか、ぺぺさんとか、失礼な名前で呼ばれることはない(笑)

カンパーイ!
完走おめでとう!
と、労ってもらうが、

タイムとか、レース展開とかは一切聞かれない(笑)

完走した、だけで充分。

それよりもだ。

7人のうち、誰1人としてワタシを見つけられなかったってことが話題だった。

◾︎あらかじめ、ランウエア一式(キャップ、タンクトップ、ランパン、シューズまで全部)の写真をメールで送っている。

◾︎二回のトイレの時にLINEをしている。

例えばこんな風に。
『今、16キロ付近のトイレに並び中』

それなのに、18キロ地点と、お向かいの地点、7人揃ってワタシを見つけられなかったという。

おかしいやろ。

◾︎ゼッケン番号を教えているから5キロ毎の通過タイムは把握しているはす。

40キロ地点通過は見たはずなのに、
41キロ地点にいて見つけられない?

んなことある?

◾︎CちゃんとAちゃんは応援ポイント毎にちゃんと見つけられている。

ワタシは擬態動物のように、大阪の街と一体化してしまったのだろうか?

〜7人の証言〜

一美さん(大阪)
『ええ、PPさんからLINEがきてすぐに18キロの沿道に7人で陣取りましたわ』

黒木さん(大阪)
『そうそう、ちゃんと応援ボード掲げてたんよ』

道子さん (大阪府)
『PPさん、ちゃんと写真の格好しはりました?』

久美子さん (奈良)
『ピンクのサンバイザーとタンクトップ、ずっと探してたんよ』

寺田さん (兵庫 )
『41キロ地点でも7人で待っとったのに。せっかく兵庫県から来たのに残念やわ』

板野さん(東京)
『も、もしかして、ホントは走ってないんじゃないですか?』

るみさん(兵庫)
『そうよね、7人もいて見つけられないなんておかしいわよ』

葉子さん(兵庫)
『もしかして、アリバイ工作?マラソン走ってることにして、遠くの場所でよからぬことをやってたんやないのー』

******
走ってない疑惑まで持ち上がったほど、(マジで)
応援隊のガッカリ感は想像以上だった。

非ランナーの応援のモチベーションは『仲間を見つける』ことなんだよね。

それはランナーにとって完走と同じ位の価値があるのかも知れない。

『応援できなくてホントにごめん』
と、本気でしょげる仲間。

見つけられてあげられなくてホントにごめん

******
後でオールスポーツを見たCちゃんから
『PPちゃん、あれは見つかんないわ』
と言われる。

え?


にほんブログ村


にほんブログ村

ワタシが選ぶ『大阪マラソン 檄(げき)大賞』は、欧米美女

30キロ過ぎに赤いユニフォームの女子の中で、背の高い欧米美女がカイヤ風に発した言葉がコレ。

『もっと脚上げて!』
『もっと脚前に出して!』
『もっと速く!』
『あなたたち、もっと速く走れるでしょー』
『ほら、前追いかけて!』

ファイト!
ナイスラン!
がんばってー!

という励ましは言葉は聞き慣れているけど、
こんな風に叱られた?ことは初めてだ。

その声は大きく、エネルギーに溢れている。

******
Cちゃんが聞いたのは、これ。
(5時間半クラスだと後半に歩いている方が多いという)

『なーに、歩いてんの』

『歩いてんじゃないわよ』

『なーに、やってんのよ』

『ほら、走りなさいよ』

周りは一様に苦笑いだったとか。

******
こんな風に檄を飛ばすのは勇気がいることだと思うけど、

貴女の熱い声援が、ドMランナーの脚とココロに喝を入れてくれたのです。


にほんブログ村


にほんブログ村

大阪マラソン2016  Cちゃんが泣いた「応援ボード大賞」 

沿道の応援は、声援もハイタッチも応援ボードもどれも嬉しいが、

中でも応援ボードのインパクトは強い。

文字のメッセージが好きなので、掲げていれば必ず見る。

大阪マラソン2016 応援ボード大賞を勝手に決定した。

残念ながらワタシは気がつかなかったけど、
Cちゃんが後半に見たというのがこれ。

『もっと辛いこと あったやろ』

手書きのボードを掲げていた方はジャージを履いていたというからランナーか。

物言わず、これを掲げていたのを見た時、思わず嗚咽を漏らしてしまったと。

声でも文字でも、言葉というのは相手に届く前に自分に届く。

きっとその方は、その言葉を自分とランナー両方に向けたものだったに違いない。

『もっと辛いこと あったやろ』


にほんブログ村


にほんブログ村
次回は、「激(げき) 大賞」を発表します。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる