はらくだしPPの大問題 情報ライブミ・ヤネ屋 PP日記 チャレンジ富士五湖【4】 50キロ超 DNFへカウントダウン

情報ライブミ・ヤネ屋 PP日記 チャレンジ富士五湖【4】 50キロ超 DNFへカウントダウン

情報ライブ ミ・ヤネ屋 チャレンジ富士五湖2015 「で、PPちゃんはなんでダメだったの?」
情報ライブミ・ヤネ屋 PP日記 チャレンジ富士五湖【1】
情報ライブミ・ヤネ屋 PP日記 チャレンジ富士五湖【2】35キロ地点

情報ライブミ・ヤネ屋 PP日記 チャレンジ富士五湖【3】 47.8キロ地点

50キロ通過。

通過タイムはスタートから6時間1分。
目標は6時間だったからバッチリ。

100キロの制限時間は14時間。

残り50キロを8時間で走ればいい。

平均キロ9で走ってもまだ30分の余裕がある。
エイド休憩や、最後のステラシアターの激坂を考えても平均キロ8で走ればいい。

らーくーちーん♪ (*゚▽゚)
このレース、もらったも同然。

後半は、ちょっと 落ちてもイケるんじゃねって、思った。

だが、それはトーシロの考えだった。

私はこれからフルとは全然違う世界を見ることになる。


次の関門は56.6キロ地点の西浜小学校。
スタート前からここを仮のゴールと決めていた。

ここに到着すればあとはゆっくりでいい。

あとわずか3.4キロ、時間は1時間ある。
十分間に合う…

はず…だった。

だがそいつは、何の前触れもなく、いきなりやってきた。

いや、前触れはあった。

(50キロまでのワタシの頭ん中)
お腹ん中の色んなモノが足りなくなってくるとさー、
腹の見張り番が『せんせー、ヤバいっす』って、脳に伝達してくんのよ。
そういうチクリ魔って、どこの世界にもいんのよねー。

それを聞いた脳は、生命維持のために走る事を止めさせようとするじゃない?

もう、うーざーいー。

もちろん、脳の言うこと聞く事は大事よ。
そのサインがないと、いきなりバタンなんてことになっちゃうもの。

でもね、ワタシの脳って、ちょっと過保護だと思うのよね。
まだまだイケるのに、早め早めにストップをかけてさー。

ワタシだってもう大人よ。
そんなに過保護にしなくてもいいっちゅーの。

うふふ。
だからそんな時は、ココロが脳を操るの。
それがだましだましってやつよ。
Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ


このバカオンナ、
何がだましだましだ。

だましだましと言えば聞こえがいいが、
要は気がつかないふり、無視してたんだ。

なんの手当てもしないまま、走り続けた結果、

車酔いのような気持ち悪さ、吐き気、
風邪の時のような倦怠感、脱力感、

ワタシは一瞬で走る屍に化してしまった。

きっとあれよ。
腹の見張り番が脳にチクったんだわ。
走るのを止めさせろって。
いけず〜。
(まだ言ってる)


もう脚が全力で前に出るのを嫌がっている。
負けるもんか。

いや、もう負けた。

早っ。

54キロ、あと2.6キロで関門という時、
私は信じられない行動をとってしまう。

つづく


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる