はらくだしPPの大問題 チャレンジ富士五湖2016 レポ【8】 再びのPPとオエッオエッと、Cちゃんのサポート第三関門56.4キロ~89.5キロ

チャレンジ富士五湖2016 レポ【8】 再びのPPとオエッオエッと、Cちゃんのサポート第三関門56.4キロ~89.5キロ

チャレンジ富士五湖2016 レポ【3】 スタート1時間前~1キロ目 オエッオエッ CC ピキンピキン

チャレンジ富士五湖2016 レポ【4】 苦しみと絶望の10キロまで

チャレンジ富士五湖2016 レポ【5】 妄想ステージ 11キロ~第二関門38.7キロまで

チャレンジ富士五湖2016 レポ【6】 Cちゃんと幻のトイレとさようならアレキさんと  第二関門38.7キロ~51.4キロまで

チャレンジ富士五湖2016 レポ【7】 横断幕への感謝とCちゃんの事  第三関門56.4キロ


【56.4キロ 第三関門 足和田出張所】
ここから先は進めるとは思ってなかったので、レースプランなんて何もない。
関門時間やエイドも知らない。
どうせ行けないだろうとパンフレットも見てない。

『次は7、8キロ先の野鳥の森エイドで待ってるから』

足和田出張所で、ワタシを送り出しながらCちゃんが言った。

『野鳥の森ってどこだっけ?』

『うどんだよ』

『あぁ、うどんね』

思い出した。
2年前の復路、うどんの汁だけしか残ってなかったあそこね。

片手を上げ、11時50分、西湖に向かって再び走り出す。
まず目指すのは、急な登り坂の先にある、けんいち60関門だ。
いや、実際にそんな関門はない。
けんいちさん主催のエア柴又に参加するため、自分で決めた参加資格なんだ。

ワタシは、けんいち60の青いラインを右足と左足の両方でしっかり踏んだ。

【63キロ 野鳥の森公園往路エイド 】

約束通り、Cちゃんが待っててくれる。

良かったよ。うどんにはちゃんと麺が入ってる。
ここで食べたうどんが最後の固形物となるのだが、この時はそれをまだ知らない。

『次は9キロ先の旧精進小学校で待ってるからー』

ここから37キロも走ると思うと、ゲーっなんだけど、
9キロ先を目指すと思えば行けんじゃないって思える。

がんばれば手の届きそうな半歩先の目標の積み重ねが
少しずつ少しずつ、でっかい目標に近づいていくんだ。

西湖から精進湖に向かって走る。
もう6分台は出せないが、なんとか7分台で走れている。

と、ここで、いきなりきたよ。
PPの大問題。
書いてないけど、実はもう6回位はトイレに行ってる。
が、今回のそれは緊急事態宣言だ。
ぎゃ〜。
ボランティアの方にトイレを聞くと1キロ先のエイドだと。

【 67.4キロ 精進湖レストランあかいけ 】
ハーハー、ハーハー、ふー。
猛ダッシュしてなんとか間に合ったよ。

そういえば、ここのエイドは2年前、給食の内容は当日まで内緒というお楽しみエイドだった。
で、ワタシはカレー、Cちゃんは唐揚げを予想してたんだけど、
まさかベビースターランをぬるま湯で溶かしたようなものだったとはねー。
いやー、アレはアレだった。

今年は無難にカステラだった。
けど、チラッと見ただけで、無理だと悟った。
この辺りから、再び、胃の不調を感じ始めていたんだ。

【71.7キロ 精進湖139号合流点】
あれ?Cちゃんがいる?
次の関門で待ってるっていったけど・・・

後で聞いたところ、第4関門の旧精進小学校は車を駐車できなかったため、
精進湖に車を止め、湖を逆送しながら、ランナーに「あとちょっとで関門でーす」
と言いながら走っていたとか・・。

「いいよ、いいよ、いいペース。次の関門は500メートル先、すぐそこだから。」
「大丈夫、大丈夫、イケるイケる」


「き、きもちわるい・・・全く食べ物受け付けないよ・・・」

「無理してもジェルは摂って!」

と言われ、オエッオエッとなりながらしぶしぶ摂る。

【72.2キロ 旧精進小学校】14:00に到着。
関門は14時30分だから、ペースは落ちるもちょっと貯金が出来た。

このレースの関門設定は、ランナーのペース落ち度を考えて
後半は緩くなっているらしい。

【77.7キロ 野鳥の森公園復路エイド 】
Cちゃんがいる。

【80.6キロ 西湖公民館】
Cちゃんがいる。

【85.6キロ 足和田出張所 復路】
Cちゃんがいる。

【89.5キロ 河口湖遊園駐車場】
Cちゃんがいる。

77キロから先のエイドは全てCちゃんがいてくれた。
ワタシを見送ったあと、車で次のエイドまで移動し、他のランナーに声を掛けながら
待っていてくれていたそうだ。

ワタシはと言えば、PPと、「オエッ」が「オエーーーーっ」にパワーアップ、
胃腸の調子は最悪だった。
エイドでの休憩時間が長くなってきて、なかなか走り出せない。
80キロ先は7分台も厳しくなってきていた。
***************************************************
今から‥十数年前‥‥仕事に情熱を持ち、「熱い人」と言われていた頃‥。
後輩に限りない愛情を捧げ、上司に立ち向かっていっていたあの頃‥。
私の部下にCちゃんがやってきた。

同期入社の中で一番先に小さな肩書をもらったCちゃんに不安は微塵もなかった。
「よろしくお願いします」と、すごい意気込みで挨拶にきたのを思いだす。

その頃からCちゃんはいろいろなものがよく見える人だった。
周りの人間がどんな動きをしているかを瞬時に察知する能力は
天才的で今でも敵う人はいない。

Cちゃんは与えられた仕事だけを黙々とこなすというタイプではない。
彼女の脳は休み事なく常に何かをリサーチしてした。

そのため常に斬新な「気付き」を持っている人だった。
真っ直ぐでいいかげんな事を嫌う彼女はそりゃあ上司(ワタシ)をよーく働かせた。

PPさん、これでいいんですか?
PPさんはこれについてはどう考えているんでしょうか?
PPさん、PPさん、PPさん‥‥‥

うるさーい!って何度思ったか…
私に聞かないと判断出来なかったからではない。

社内で起こっている事象や問題点についてワタシがどのように捕らえているか、
それに対してどのような行動を起こすかを見ていたのだと思う。

組織変更に伴いCちゃんと一緒に仕事をしたのは1年間だけだったが、
一番優秀な部下だったことは間違いない。
そして数年後、すぐにワタシと同じ役職に就くことになる。

あれから十数年経った今・・・

今度は優しく言ってくれた。

PPちゃん、スープ飲む?
PPちゃん、トイレあそこだよ。
PPちゃん、大丈夫、イケルよー。


今度はもちろん、うるさーい!とは思わなかった。

ただただ・・・感謝しかなかった。


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Cちゃんへの愛が溢れているなぁ。羨ましい関係です。

らぴさん

コメントありがとうございます。
DNFした人が、人のサポートする気持ちってどんなんだろうって今も考えたりするんです。Cちゃんのストーリーはもう少し続きます。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる