はらくだしPPの大問題 【登山レポ1 北ア 《ほ》」 上高地、河童橋まで 】奥穂「3位とか、4位とか、別にど-ってことねぇし」

【登山レポ1 北ア 《ほ》」 上高地、河童橋まで 】奥穂「3位とか、4位とか、別にど-ってことねぇし」

日本の高い山ベスト5

1位 富士山 3776m
2位 北岳 3193m
3位 間ノ岳 3190m
3位 奥穂高岳 3190m
5位 槍ヶ岳 3180m


奥穂は「日本の山 背の高さランキング」では3番だ。
数年前までは単独3番目だったが、4番目の間ノ岳の背がちょっぴり
伸びてしまったようで、今は3番タイだ。

それでも奥穂は北アの穂高連峰の中で、一番背が高い兄ちゃんだ。
北穂に西穂に前穂などの兄弟たちを従え、どっしりと風格ある姿。

間ノ岳(南ア)「ごめんねー、まだ背伸びてるもんでー。4番だったけど3番の席におじゃましまーす。あらやだ、嫉妬してるの?」

奥穂(北ア)「3位とか、4位とか、別にどーってことねぇし」

穂高連峰の仲間たち(北ア)「そーだそーだ、山の価値は高さだけじゃないんだぞ」

富士山「てかさー、オイラ以外、みんな数十センチしか変わんなくね?」

オクムの山「オラ、チビだけど、誇りをもってそびえ立ってるぜ!」


去年、燕岳-表銀座で大天井岳-西岳-東鎌尾根経由で槍ヶ岳に行った時、
ゴールの河童橋で見たこの光景。
あまりの美しさに心惹かれ、動けなくなった。
帰宅してからは夢中になって穂高連峰の山の名前を調べ、写真に入力していたのがこの画像。

CIMG1477.jpg

Cちゃんは、この景色を見ながら『ねーねー、そういえば3番タイの奥穂 埋まってないよね』

コンプリートが好きなCちゃんは、ピースが足りないと気になるらしい。

そんなことで、今年の一泊山行は、絶対に《ほ》と決めていたのだが、
脚の調子がイマイチだったり、休みが合わなかったりで今年は諦めていたんだ。

が、急に色々な事の調整がバババっとつき、ようやく今回の決行となった。

【予定コース】

1日目(曇のち雨の予報)
上高地ー岳沢小屋ー重太郎新道(危)で紀美子平ー前穂高岳(危)ー釣尾根(危)で奥穂高岳(危)ー穂高岳山荘

2日目(終日雨の日予報)
ザイデングレート(危)で涸沢小屋ー横尾ー徳沢ー明神ー上高地

*(危)は、事故の多いポイント

2日目が終日雨の予報だったので、1日目に全部詰め込んで2日目は帰るだけのプラン。

1日目は信州山のグレーディング(難易度)ではD(A~EのうちEが一番難易度が高い)
手を使う急な登下降、転落・滑落の危険箇所が多いとある。
ぎゃ〜!、

【前日】
仕事を済ませ、一旦帰してからザックを背負ってバスタ新宿へ。
新宿駅南口から直結なのでとっても便利。
CIMG2259 (400x300)

とってもお洒落なインフォメーションセンター。空港みたい。
CIMG2256 (400x300)

22:25発のさわやか信州号で上高地に向かう。
CIMG2254 (400x300)
行ってきまーす。

スタンダードカーで7400円
(デラックスカーだと9200円)


【1日目】
5:20 上高地着 支度をし、登山届を提出
これから行くルートを確認。
今日の行程は、重太郎新道→前穂高岳→釣尾根を通って奥穂高岳へ。

CIMG2089-002.jpg

振り返ると焼岳がそびえたつ
CIMG2091-001.jpg

5:45 登山開始

まずは、岳沢小屋2180mまでの4.4キロ 標高差657mに向けて私たちは歩き出した。



にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる