はらくだしPPの大問題 えちご・くびき野100キロ(60キロ) 53.2キロ~57キロ  いや、あれは案山子じゃない。人間だ。

えちご・くびき野100キロ(60キロ) 53.2キロ~57キロ  いや、あれは案山子じゃない。人間だ。

53キロ地点のエイドを過ぎたら残りは7キロだ。

エイドを少し前に出たと思われる方々を何人かパスする。

脚はまだ動いていて、6分台をキープしていた。

相変わらずの強風大雨の中、田んぼの間の道を走る。

沿道の応援はゼロだ。

道はまっすぐに伸びており、遠くまで見渡せる地形なのだが・・・

あれ?

前を行くランナーが見えない。

ランナーどころか、誰も見えない。

誘導員もいない。

大会看板もない。

建物もない。

車も通らない。

右を見ても左を見ても見えるのは田んぼだけ。

おかしい…

今、レース中のはず。

ワタシ、遭難しちゃった?

どこかで道を間違えた?

同じ景色だと方向感覚が鈍るのか、どこに向いて走っているのかもわからなくなっていた。

焦る・・

ワタシ、地図持ってきてないよ。

完走とか言ってる場合じゃない。

生きて帰れるのか?

このまま、のたれ死んじゃうのか、

ブルブル∑(゚Д゚)

この時は完全に道を間違えたと思っていた。

どこかで引き返さなくちゃ、

と、思った時、遠くに案山子が見えた。

いや、あれは案山子じゃない。

人間だ。

誘導員のおじさんだ。

やったー!

ワタシは嬉しさのあまり、スピードを上げて、誘導員のおじさんの胸に飛び込んでいった。(注 妄想)

ま、実際には『雨の中ありがとうございまーす』と、手を振って通り過ぎただけなのだが、
心の中でチューとハグをした。

*************

55キロ、57キロのエイドにも寄る。

そういえば30キロでペットボトルをなくしてから、全部のエイドに寄っているわ。

だってね、エイドの方々、身を乗り出してランナーを待っててくれるんだよ。

遠くから、「来たっ!」って声が聞こえるんだよ。

それはまるで、雨の日に学校から帰ってくる子供を待つお母さんみたいなんだ。

素通りしようとした時もあったけど、『暖かい麦茶どうですかー?』って言われると、
ついつい脚を止めちゃうんだよね。

そしていつの間にか、『ただいま〜』『行ってきまーす』と、
家族のような挨拶をするようになっていた。

ここまで走って、

1つのゴミも落ちてない。

立ちションする人を見ていない。

唾を吐くひとを見ていない。

ランナーは、応援の方々やボランティアの方々に、育ててもらっているのかも知れない。

つづく


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

えちごくびき野

ppさんは文章力が素晴らしいですね。再来年走る人が増えると思います。えちごくびき野のウルトラマラソン私が参加した中では最高だと思います。途中の応援もゴールしてからの対応も素晴らしいですので一度走るとまた出たくなります。2年後は70歳になるのでホノルルマラソンも走ります。

T.takaoさんへ

お返事が遅れてごめんなさい。
そうなんですよ、今記事を書いたんですけど、
ゴール後の対応には驚きました。
もうワタシ、えちご・くびき野にメロメロですわ。
あ、ホノルル素敵ですねー。いいなー。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる