はらくだしPPの大問題 お蔵入りになるところだった記事をアップする動機付けとなったブログ

お蔵入りになるところだった記事をアップする動機付けとなったブログ

『明日、どっか行くの?』

伊豆ヶ岳トレイルレースの前日に息子に聞かれる。

『明日、トレイルのレースなんだよね』

『ふーん、どこの山?』

『埼玉』

『なんて山?』

『伊豆ヶ岳って山。知ってる?』

『小学校の時、遠足で行ったでしょ』


『あー、男坂、女坂あるヤツだ』

『そうそう』

『行ったねー、でも俺、遠足の半月前にも伊豆ヶ岳登ってたんだよね』

『あ、そーなの?誰と?』

『あなたと』

『……』
覚えてないm(__)m

私の山登りは奥武蔵(ハイカーは、オクムとは言わない)から始まった。

息子が小学校1年から3年生位まで、2人行っていたのが奥武蔵。
西武線が推奨するハイキングコースを片っ端から登っていた気がする。

ここで山の楽しさも山の怖さも学んだ。

山頂はゴールではないこと。

山の日暮れは早いという事。

早朝出発、午後2時までの下山が出来ないプランは立てない事。

低山だからと侮ってはいけない事。

遭難で一番多いのは、転落や滑落ではなく道迷いだという事。

アップタウンだらけで荒れている場所が多いトレイルでは歩き方を学んだ。

苦労して登った割に眺望が乏しい山頂、
山登りの楽しさは、眺望でも山ゴハンでもなく、
山を歩く行為そのものだということもオクムに教えてもらった。

山ガールなんて来ない地味な山域だけど、ワタシの原点でもあるここを愛していた。

もちろん、伊豆ヶ岳トレランレースのコースは何度も行っている。

そんなワタシが平地で転倒して怪我をした。

思えばあの日、

山への感謝も忘れ、紅葉を愛でることも、落ち葉の音を楽しむこともせず、

タイムを縮めることしか頭になかった。

オクムの神さんに怒られた気がした。

(ここまで下書きに書いた記事。でもアップする気分になれずにいた)

******

あの日から1ヶ月

肩の痛みは完治せず、不自由な生活ではあるものの、走ることは出来る。

『湘南国際が終わったら、伊豆ヶ岳トレイルひとりレースやるから』

と、Cちゃんに宣言していた。

もう一度、転倒したあの場所に行き、しっかり大地を踏みしめないと、

リスタートは出来ないと思っていたんだ。

******

そしたら今日見たこの記事。

お蔵入りになるところだった記事をアップする動機付けとなった。

R2さんありがとう。

また頑張ろうって思ったよ。


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めての山は小学校の遠足で天覧山(飯能)でした。
中一の担任の先生が山好きだったので
伊豆ヶ岳に連れて行ってくれました。
中学〜高校は趣味が自転車だったので、
正丸峠や顔振峠(グリーンライン)は何度も行きました。
奥武蔵暦40年以上です。

R2さん

小学校1年生は天覧山、2年生は多峯主山でした。
R2さんはあっち方面の方なのに、なぜオクム詳しいんだろって思ってましたが、そういう事でしたか。
そろそろ顔振茶屋も行きたくなりますよね。
って、ワタクシ、入ったことないんですの(笑)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる