はらくだしPPの大問題 ハイテクハーフ2016 世の中には2種類の人間がいる。『最初からツッコんでもいい人間』と『後からツッコんだ方がいい人間』だ。

ハイテクハーフ2016 世の中には2種類の人間がいる。『最初からツッコんでもいい人間』と『後からツッコんだ方がいい人間』だ。

続き


お前さん、まだまだトーシロだな。
まあ座れ。
ええか、よー聞けよ。

(へい)

なー、お前さんよー、
そんなにツッコミたいなら、せめて5キロ過ぎてからにしろや。

(へ、へい…(^^;;)

ほれ、下の図を見てみい。
これはお前さんの、大会2日後の練習の記録じゃ。

ハーフの翌々日13キロラン

8キロ目から、上がってるのがわかるじゃろ。

(へい)

これは故意に上げようとしたのかい?

(いえ、気持ちいいペースで走っていたら自然と身体が軽くなって、上がったみたいなんです)

そうじゃろ、それにお前さん、前に自分でも言っとったわ。
同じスピードで走った場合、7キロ目から17キロ目が一番楽で、心拍数も低かったって。

いいか。

世の中には2種類の人間がいる。『最初からツッコんでもいい人間』と『後からツッコんだ方がいい人間』だ。

お前さんの身体は、準備に時間がかかるんじゃ。

つまりは、『後からツッコんだ方がいい人間』ってこと。

自分の身体なのに、理解しようとせず、無茶しおったから、こんな結果になった。


(へい…(-_-))

それでも最初からいきたいちゅーなら、ちゃんと準備しとかなあかん。

ええか、それが足慣らし…えとー、ハイカラな言葉で言うと、ウォーミングアップちゅーやつや。


ところで、お前さん。
いつも慎重なお前さんが、
なんで、ツッコんだ?
それが、わからねーんだ。

(あ、いや…)
モジモジ…

まあ、よいわ。

それからお前さん、中盤過ぎた辺りで、ちょうどいいペースの人に付いて行って、楽だーっと感じる瞬間があっただろ?

(へ、へい)

ちょうどいいいペースちゅーのは、自分に都合がいいペースってことよ。

お前さんのレベルだと、周りと一緒に走っていると安心感を感じるじゃろ。
そうすると、ペースが落ちても気がつかないから気をつけなきゃならんぞ。

(へい、わかりやした)

それから、終盤になると、人を抜いてもペースが上がってるわけじゃねー。

むしろ、落ちてることもあるから気をつけろ。

(へい、わかりやした)

お前さん、また今月は10里走る大会があるんじゃろ?
怪我せんよう、しっかりな。
じゃ…

(待って下さい、あなたさんは一体誰なんすか?)

ふふふ。

あほんだら。

自分のこともわからんのか!

(……)

未来はいつも自分の中にある。


にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる