はらくだしPPの大問題 勝田マラソン 38キロ~ゴール 腰落ち上等 顎出し上等 / ゴールした時の感情は・・・どれも違う気がした。

勝田マラソン 38キロ~ゴール 腰落ち上等 顎出し上等 / ゴールした時の感情は・・・どれも違う気がした。

30キロを通過したのが2時間45分。

想定していた時間ぴったりだ。

でも、この時はまだサブ4は考えてなかった。

この後どれ位で走れば間に合うのかがわからないが、
まぁ、キロ6超えたらダメだろうってことはわかった。
(後で計算したらギリギリ間に合うみたい)

今まで30キロからゴールまでキロ6で走れた事は一度だけ。

秋の大阪マラソンだ。
でもあの時は余裕を持ってずーっとキロ6で走ってきたから最後まで落ちなかっただけなんだ。

今日は30秒も速い5:30できている。

30キロまでの5:30と、
30キロ以降の6:00は、

こっちの方が断然難しい。

******

37キロ過ぎ

あと残り5キロの時点で初めてサブ4を意識した。

サブ4を確信したんじゃないよ、

サブ4を意識したんだ。

キロ6を下回らなければ、もしかしたらイケるかも知れない。

でもワタシ、37キロ過ぎてから5分台で走ったことはないんだよ。

夢の目標が目の前にある。

掴みたいって思った。

去年の名古屋では情けない走りにゴール後に号泣した。

同じ名古屋を走った方々の、サブ4達成のブログ記事が次々とアップされていく。

それを、どんな感情で読めばいいかわからなかった。

サブ4の実力もないくせに、サブ4挑戦と言った自分が恥ずかしかった。

それからワタシはサブ4目標と、口にすることをやめたんだ。

******

40キロ通過が3時間44分位だったと思う。

暑い、さっきからずっとお日様が出ている。

ここまで来ると、もう痛みは感じない。

もちろん痛みが消えたわけではない。

全身の苦しみが優り、足の小指や足裏の痛みは麻痺してしまっただけだと思う。

前々回のブログで、『走れなくなった時にどのような行動をするか・・・』
という事を書いた。


自分で書いといてなんだが、もうここまで来ると冷静に考えることなんて出来ない。

身体中の細胞が脚に回ってしまい脳まで届いてないのか、
モノを考える能力が欠落している。

腰落ち上等
顎出し上等

***********

周りはサブ4を目指すランナーがひしめき合っていた。

40キロ過ぎなのに、混雑によって、脚を踏まれたり、踏んでしまったり。

みんな必死だ。

ハァーハァーと息遣いが聞こえる。
エイドでも誰も脚を止めない。
しょっちゅう時計を見ている。

ゴールが近づくと、ワーワーと沿道から沢山の人が声をかけてくれる。

ありがたいけどごめんなさい。
もう手を振ったり出来ないの。
ねえ誰か、声援に応えてよ。

いや、周りのランナーも同じようだ。

楽しそうに走ってる人なんかいない。

みんな必死なんだ。

41キロ通過。

もう時計はみない。

見たって計算出来ないし、
落ちていくラップを止める術は、何もない。

逃げなきゃ、逃げなきゃ。

迫ってくるサブ4の壁から逃げなきゃ。

脚を止めてはいけない。
速度を緩めてはいけない。

なかなか脚を止めないワタシに、脳が最後の魔法を使った。

ラリホーだ。

ワタシを眠らせようとしてくる。

眠い、瞼が落ちる。

123456は目をつむり、
78で目を開ける。

これを繰り返した。

でも大丈夫、意識はある。

残り10分はこの記事の通り

サブ4を確信したのはゴールゲートの30メートル手前だった。

38キロ〜ゴール

5:45
5:54
5:49
6:04
5:58
5:59(平均ラップ)

ゴール後、
1人の男性が、仲間と思われる人に、
『俺、サブ4獲ったんだ、やっと、やっと獲ったんだ』
と大声で叫び、抱き合っている側を通りすぎた。

ワタシはその時、どう感じたんだろう?

ゴールした時の感情を書こうと思ったけど、嬉しいとか、感動したとか、
どれも違う気がした。


負けたことがあるということは、
いつか大きな財産になる。



にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

昨年勝田を思いだしてます。
終盤、クネクネの上り坂が絶望的に見えたあの風景。

PPさんとはどこかで同じ景色を見てる気がするときがあります。

チキン・ワタナベさん

昨年の勝田記事でワタシがCちゃんの事を書いた時、ワタナベさんはそれを引用してご自身のブログで記事を書いてくれたこと、覚えていますか?
コメントはしませんでしたけど、とっても嬉しく、有難く、何度も読み返しました。
いつかお礼を言いたいと思っていましたが、今日伝えられて良かったです。

4時間を切るまで、辛かったり苦しかったり、諦めたくなったり、
また頑張ろうと思えたり。
でも、頑張ってきて、良かった
諦めなくて、良かった。
そう思えた瞬間ですよね。
私も、4時間を切ったのが5年前、
今でもあの瞬間の気持ち、忘れません。
あの苦しんだ時間を乗り越えたから、今、ランニングを楽しめてると思います。
PPさんも、こっからですね。

めいさん

レス遅れてごめんなさい。
走る才能もないし、根性もない。
年齢とともに低下していく体力や回復力。
長引く故障・・
上手くいったことより、上手くいかなかったことの方が多いけど、
こんなワタシでも達成できたのは「ワタシは未熟だ」という前向きな後ろ向き思考があったからかもしれません。
めいさんの目標はなんですか?

私の目標

4時間を切るまでは、止めやれない。と、走りたくない日も嫌々練習してた頃は4時間切れなくて。
5年目に故障して、なかなか練習出来ず、途中リタイア覚悟で走れるところまで走った5度目の大会で
まさかの4時間切りをした日から。
タイムを目標に嫌々練習するのは、やめようと決めて。
ランニングが好きだから走りたい。練習したい。苦しい練習も頑張りたい。
ただ、ランニングが大好き!
それだけが、今の目標です。
だから、いつも7分オーバーのLSDばかり。
でも、不思議とタイムは更新してます^_−☆

めいさん

あー、めいさんは本当にランニングが好きなんですねー。
苦しい練習であっても、それを含めて走ることが好きなんだなーって思います。

>だから、いつも7分オーバーのLSDばかり。
でも、不思議とタイムは更新してます^_−☆

おーーー、いい事聞いたー。
ゆっくり走ると罪悪感や焦りを感じてしまってたので安心しました。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる