はらくだしPPの大問題 上州八王子丘丘陵ファントレイルin太田 回答4 そもそもの実力がない / 来年参加を検討されている方へ

上州八王子丘丘陵ファントレイルin太田 回答4 そもそもの実力がない / 来年参加を検討されている方へ

ロングコース(24キロ)は、フルマラソンと同じ位か、ちょっと早いタイムでゴール出来ると聞いていたし、
ワタシ自身もトレランのスピードは、概ねロードでの走力と比例していると思っていた。

まあ、男子と女子と比べると、ロードのタイムが同じ場合は、筋力のある男子のほうが速いと言われているし、

技術と経験がモノを言う下りは得手不得手がある。

また、長い距離になるとスタミナやメンタル面も関係するから一概には言えないとしてもよ、

ロードで速い人はトレイルでも速いし、
ロードで遅い人はトレイルでも遅いと思っていた。

概ね当たってはいると思う。

だがしかし、例外もあるということを身をもって知った。

Cちゃんは昨シーズンのフルマラソンのタイムを1時間以上縮めていたんだ。

苦手なロードでほぼ最後尾のスタートから、山ではまとめて何十人も抜いたという。

『最後のロードで抜いた人の半分の人に抜かれちゃったよ』と、
ビービー泣いていたが(イメージね、実際には泣いていません)
山では脚の痛みが出ないのだという。
(ロードのストライドと、トレランのストライドとでは5センチしか違わない。
ワタシは45センチも違う)

10数年前、Cちゃんと初めて一緒に行った奥武蔵の山。
駐車場から登山口までの15分の車道歩き。
登山口に着く前に『休憩する』と言って座り込んでいた人だよ。

8人位で登った高尾山、あまりの歩けなさに私がCちゃんのリュックを前に、
自分のリュックを背中に背負ったのはいまでも語り継がれている。

いつも私の山行に付き合ってもらっていて、
彼女から誘われることはないのだが、
いつの間にか、私よりずっと強くなっていた。

特に斜面が急であったり、
ザレていたり、木の根っこが飛び出ていたり、
3000メートルを超える空気が薄いところだったり、
手を使って登るような岩場だったり、
難所ほど、彼女は強い。

一方の私はといえば、フルのタイムにも及ばなかった。
不運な事を差し引いてたとしても、大幅なタイム短縮は出来なかったと思う。

残念だけど、ワタシには山を速く走るそもそもの実力はないのだと思う。

競技の世界では、山が好きかなんてこれっぽっちも関係ない。

これが現実。

**
さて、ワタシの結果はアレでしたが、とっても良い大会でした。

︎会場は広々としていて気持ちよく、ストレスフリー。高台にあってぐるりと空が見渡せる。


トイレの数も十分で順番待ちほぼなし。

︎スタート前のギスギスした雰囲気なし。

︎おっかなそうな人がいない。

︎コースは山というより森って感じ。

︎コース上に滑落事故したり落石があったりするような危険箇所なし、
手を使ってよじ登るようなとこもないのでグローブ不要。
下りもお尻で下りるような区間はなし、ほぼ走れる。

︎分岐点はこの白いテープが目印でコースロスト防止(でも今回は一部の方が・・・だったようですが・・)


︎すれ違い区間は少しだけでストレスなし。

︎エイドは3箇所にあり、給水やエイド食(焼きまんじゅうやキューリなど)が提供される。

︎電車でも車でもアクセスがいい

︎参加賞がスゴイ、全部使えるものばかりで嬉しい。

005 (600x450)

007 (400x300)

︎関門が緩い(アクシデントがなければ完走出来る)

︎閉会式後のイベントが面白い

来年、参加を検討している方は、ロングをオススメします。

*****
それでも私は山に登る。山を走る。

昨日出来なかったことが、今日出来るかも知れないから。


にほんブログ村


にほんブログ村
~おわり~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる