はらくだしPPの大問題 日光ウルトラ62.195キロ 44キロ~56キロ 小さくなっていく激沈Tを見ながら、全然激沈じゃねーじゃねーかとボヤいていた。

日光ウルトラ62.195キロ 44キロ~56キロ 小さくなっていく激沈Tを見ながら、全然激沈じゃねーじゃねーかとボヤいていた。

東武ワールドスクエアを過ぎると、賑やかでドラマティックな雰囲気とは一変する。

ステージはのどかな田舎町へと移り変わっていった。

テーマパークはタダで入れたけど、
テーマパークで上がってしまったテンションのツケは、
ここで支払わないといけないらしい。

気温はドンドン上昇している中、

♩はぁー、日陰は無ェ
風も無ェ
車もそれほど走って無ェ

殺風景なコース。

オラゴールさしたら、
銭コァ貯めてアイス食べるぅーだぁ。

歩道に延びる雑草、
ムワッと重い空気、
じとーっと吹き出す汗。
だんだんとキロ6台のペースが保てなくなってくる。

それでも信号で止まるたびに誘導のおじさま達に『お疲れ様です』と挨拶し、
青になった瞬間に『行ってきまーす』と、手を振って走り出すことは出来ていた。

同じく信号待ちしていたランナーからワタシが帽子に付けていた紙コップを褒めて貰ったり、

たまたま並走したランナーと、『いやぁー、暑いですねー』と声をかけたり、掛けてもらったりしていた。

辛い時は黙々と走るよりも、互いに声を掛け合ったりした方がいい。

同じ位のペースのランナーはライバルではなく同士。

**

49キロを過ぎた時、
『こんにちはー』と、大声で挨拶された。

あ、この女子は…
前半から抜きつ抜かれつしていた方だ。

ショートのランパンに生足。
すっごく綺麗に筋肉がついていて走り方もカッコイイんだ。
とっくに追い越されたと思っていたけど、どうしたんだろう?

『ずっと途中まで一緒でしたよね』
『後ろから見てると走り方綺麗ですよ』
『どこからいらしたんですか?』
『どこかのランクラ入ってるんですか?』

しばらく並走しながら、矢継ぎ早に質問責めにあう。

彼女は慣れない時間に起きて、
慣れない時間に朝ごはんを食べたせいで、
腹ん中問題が起きていたとのこと。

『ようやくトイレに行って落ち着きましたよー』
『こっから本気出します』
『年代別入賞ありますかねー?』


『ワタシと同じペースで走ってたらダメですよ、行っちゃって下さ〜い』
と、言うと、ビューンと軽快に走っていかれた。

次は北海道マラソンって言ってらした。
サブ3.5頑張って下さい。
**
それにしても、暑い。暑い暑い暑い。
予報では小雨でなのに、一滴も降ってねーじゃねーか。

エイドでは水かぶり用にの特大ポリバケツとひしゃくが用意してあり、
ほぼ全エイドで水をかけた。

更におじさまのシャワーサービス。
(注)ビギニではありません 笑

一時の清涼感はあるがカラダに溜まった熱が逃げるには至っていない。
大丈夫なのか・・・・

その不安は的中した。
**

51.9キロのエイドを過ぎ、確か53キロの辺りだったか、

そいつは予告もなくいきなり来た。

あ、ヤバい。
これ、ダメなヤツだ。

暑さオバケに身体を乗っ取られたような感覚。

身体にも脚にもチカラが入らない。

なんなの、どうしちゃったの?

最初は走れないことが理解できなかった。

歩く割合が少し増えたと思ったら、

走りと歩きの割合が同じ位になり、

ほぼ歩きでたまに走るまで落ちてしまった。

更に追い討ちをかけるようにお日様が出てきて体感温度は体感より高くなっている気がした。

これまであまり抜かれることはなかったが、
面白いように抜かれた。

56キロ付近の大室ダムで、『ふぁいとー』
声を掛けながら抜いていったのは『激沈T』を着ている方。
この方を最初に見かけたのは30キロ位のエイド。

思わず『激沈Tとパンダーニですね♩』
声を掛けさせていただいた方だ。

小さくなっていく『激沈T』を見ながら、
『全然、激沈じゃねーじゃねーか!』と、
ココロの中でぼやく。

いいか、ホンモノの激沈ってのは、こうやって歩くんだからなと、
口をとんがらせながら真面目に歩いていた。

【ラップ(ガーミン)】
44~50キロ

6:24
7:48
7:31
6:47
9:59(エイド・トイレ)
7:54
7:04

51~57キロ
6:38
7:57
10:45(お饅頭をいっぱいリュックに入れてもらったエイド)
7:17
9:05(暑さオバケに身体を乗っ取られたあたり)
7:49
8:05


にほんブログ村


にほんブログ村

(注意)劇沈Tは着用すると激沈しませんが、
バックに置いたままだと激沈するようです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

パンダーニの女性はすーぴーさんですね〜

ダムの激沈Tシャツ着たおじさんはきっとアメブロのたくやんさんです。

最近たくやんさんにどハマりしてます(笑)

あの紙コップの仕組み私も素晴らしいと思いました。
私の激沈ポイントはもう少し先、ダム湖を越えて
小学校のエイド過ぎあたりにちゃーんとやって来ましたよ。
歩いたり走ったり…100キロのゼッケンがグングン追い越して行きました。でも、走れないものは走れない。堂々と歩き倒しちゃった!

ごえもんさん

この大会はパンダーニ率高かったです。
赤の激沈Tシャツの方もお見かけしましたよ。
ワタシは今回もバックに入れたままでーす。

すーぴーさん

勝手にリンク貼らせてもらっちゃいました。
えーーーー!!すーぴーさんも走れないとこあったんですか??
>走れないものは走れない。
この前向きな開き直り、いいわー。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる