はらくだしPPの大問題 

山が好きだからと言って、 トレイルランナーになる必要はないよね。

ちょっとね、
最近ヤバイんじゃないかって思う。
山中毒なんじゃないかって。

休みの日はほとんど行っている。
行けない日は禁断症状がでる。
曇り雨くらいの天気でも構わない。

そんな山が大好きなワタシは、
ロードよりトレイルレースに注力した方がいいんじゃないかって、思ってたの。

先日の記事の通り、迷ってた。

でもね、

山が好きだからと言って、
トレイルランナーになる必要はないよね。

トレイルレースは緩めのレースをスパイス的に少しだけ入れて、

やっぱりワタシはロードを頑張ろうと思う。

そう思うと、山がもっと好きになるから不思議。

夏に飽きるほど山に行ったら、

やっぱりワタシはロードに戻ろうと思う。


明日は北アルプス裏銀座縦走のトレーニングとして、上州武尊山に登山靴と30Lのザックで行ってきます。


にほんブログ村


にほんブログ村

山とロード どちらを本命にすればいいのか?いつだって片思いはつれーわ。

走ることは手段か目的かと尋ねられたら
手段と答える。

次のレースで良い走りをしたいから。
そのための練習。

しっかりトレーニングを積めば
それなりだけど結果はついてくる。

もし、レースを入れてなかったら、
きっと今のようには走っていない。

**

山に行くことは手段か目的かと尋ねられたら
目的と答える。

山に身をおく幸せ。

ただ、残念なのはどんなに好きでも、
スピードに関してはダメダメだということ。

『好きこそ物の上手なれ』なんていうけど、
努力してもなかなか思うように上達しない。

登坂力も降りの技術もない。
ガッカリだ。

長時間動き続けられる体力だけはあるかな。

**

7月5日(木)
山域:南高尾
距離17.5キロ 累積標高1025m 時間4時間20分(休憩込み)

高尾山口〜城山〜大垂水峠から南高尾〜高尾山口
*草戸山~高尾山口までの地味なアップダウンに毒づきながら。
南高尾ラップ
高尾山 地図

**

7月8日(日) 今日
山域:北武蔵
距離33.3キロ 累積標高1726m 時間8時間48分(休憩込み)

北武蔵ラップ
北武蔵中毒


寄居駅~波久礼駅前~~葉原峠~植平峠〜仙元峠〜塞神峠〜釜山神社~登谷山〜皇鈴山~愛宕山〜二本木峠〜秩父高原牧場~粥仁田峠〜大霧山〜旧定峰峠~定峰峠〜高篠峠〜白石峠~大野峠~芦ヶ久保駅
*奥武蔵の山は累積標高以上にキツイんだよ。

休みのたびに、こんなに山に行っているのに、
トレイルレースは何も入れてない。

が、今年はエントリーしてみようかと思っている。

この人の言葉に勇気づけられて。

「できなくても努力する人」は、
「努力してできるようになる人」と同じくらい、あるいはそれ以上の輝きを持っているのではないか。


ただ、トレイルの脚とロードの脚は違うんだよなー。

ロードで走力をつけたかったらロードの練習に注力した方がいいと思うんだけど、どーなんだろ?

でも好きなのはトレイルの方なんだよ。

あー、でも残念ながらそっちはセンスがないんだよー。

こんなに好きなのに、イケズ〜

あー、いつだって片思いはつれーわ。


にほんブログ村


にほんブログ村

雲取山ー石尾根で奥多摩駅【3】ブナ坂から山頂へ。コブトリーハヤオ君との出会いと別れ

留浦バス停から2時間半ほどでブナ坂に到着。

ここからは楽しい稜線歩き。
わー、眺めが良くなってきたぞー。

この尾根は防火の目的で木が伐採されているから道が広く眺めがいい。

ヘリポート

で、雲取山といえばこの木。
ダンシングツリー


踊ってるように見えるからダンシングツリーって呼ばれている。

特徴があるから伐採を逃れられたんだって。

そうそう、登山口の看板にも描いてあったの気がついた?
かんばん


ヘリポートを進んでいくと奥多摩小屋に到着。

ここはテン泊の方々で賑やか。

オシャレな山ガール3人組みもどこにテントを張ろうか探している。

この辺りから30代のハイカーの男性と一緒になった。

コブトリーハヤオ君と名付けたその人は息も上げずに軽快に登っていく。

ハイカーさんでも速い人っているよね。

そういう人は決まって足音がしない。
ペースも一定でガシガシ歩いてないのに涼しい顔してグングンと登っていく。

コブトリーハヤオ君はそこまで速くはない。
ワタシと同じくらいだからね。笑

互いに写真を撮ってる時間に抜きつ抜かれつ。

PP『こんにちは〜』
コブトリーハヤオ『こんにちは〜』

コブトリーハヤオ『こんにちは〜』
(さっきも会ったよね)
PP『こんにちは〜』
(うん、さっきも会った)

以下、繰り返し。


おぉ、山の上に小さく見える建物は雲取山避難小屋じゃないか。
山頂つづら折り


雲取山避難小屋の奥が雲取山の山頂なのでもうすぐだ!

ラストはつづら折りの坂を登って到着!!

山頂から
20180707000950d11.jpg


**

山頂までのワタシのコースタイムは鴨沢から休憩込みで3時間24分。
(山と高原地図のコースタイムは5時間40分)

◆超速い人(サブ3や富士登山競走で4時間クラス)は2時間を切る。
◆速いトレイルランナーは2時間〜2時間半。
◆普通のトレイルランナーは2時間半〜3時間。

つーことで、ワタシは関門ギリギリランナーに認定されました(^^;

**
雲取山の山頂は山梨県と東京都と埼玉県ににまたがっている。

山梨県の標識は木製。
山梨県標識


一方の東京都と埼玉県の合同標識は御影石。
標識


もともと東京都と埼玉県はそれぞれ三角点から約10メートル離れた場所に木製の標識を立てていたんだけど、
2年前に東京都が埼玉県に提案し、制作費55万円とヘリによる空輸費も負担したらしい。

このタイプの標識はこれから行く七ツ石山や鷹ノ巣山にも設置されている。

立派なんだけど山の風景に溶け込んでいるとは言えず。

マリオが出てきそうなこんな土管?を見ると
季節外れさんを思い出す。
土管

元気でいらっしゃるかなー?
パテシエ季節外れのスイーツ記事、
好きだったんだけど、今も作っているのかな?

**

と、その時、コブトリーハヤオ君が
『写真撮りましょうか?』と声をかけて下さりお願いする。

コブトリーハヤオ君は、いつも来ているから写真はいいんだって。

『これからどのコースで降ります?』
と尋ねると、

コブトリーハヤオ『今日はこの先の雲取山荘に泊まるんです』

PP『あ、いーですねー。お気をつけて』

コブトリーハヤオ『お気をつけて』

ということで、ロマンスは生まれず(笑)

つづく


にほんブログ村


にほんブログ村

ワークマンの五本指ソックスデビューしました。

メンズものは種類が多いけど、
レディースものは貴重。

価格は299円。

ブライス付き


ポップな色づかいが可愛いじゃないか!
2018070521555583b.jpg


ソックスはR×Lの五本指を使用していたので、こんなプチブライスのものは初めて。

どれどれ、さっそく履いてみよう。

薄手で新しいから足にピッタリフィットして、
履き心地もなかなか良いわ。

高いソックスでも古くなると伸びてきちゃうでしょ。

高いソックスを穴があくまで履きつぶすより、
普段用に何足か買っておくと良いかも。

で、これ履いて20キロ走ってきた。

うん、何の問題もないわ。

ソックスにこだわりがなければオススメです。

高いソックスは勝負用にとっておこう。

あ、でも滑り止めがないので大きめなシューズだと動いちゃうかも。


にほんブログ村


にほんブログ村

雲取山ー石尾根で奥多摩駅まで 【2】妄想ペア(ソロだけど)

奥多摩駅ー留浦バス停ーブナ坂まで

山高原


《7:15》中央線奥多摩行き車内

ほら、そろそろ起きなよ。
あーた、よく寝てたねー。
さぁ、もうすぐ奥多摩駅に着くよ。

《7:18》奥多摩駅着

「留浦経由・小菅の湯行き」のバスに乗るよ。
あ、ほらもうバスがもう来てる。

え?トイレに行くのね、
じゃ、ちょっと急ごうか。
7:25発だからあまり時間がないよ。

でも、緊急でなければ留浦バス停を降りてからにしない?
そこにもトイレがあるから。

大丈夫、それがさ、結構きれいな水洗トイレでさ。うん、ちゃんとペーパーもあるって。
いやだ、小とか大とか、別に事前申請とかいらないから。

《7:20》
ふー、余裕で座れたね、てか5番目だったね。

時刻表はこれがわかりやすいからスマホに入れとくといいよ。
なんか楽しそうな時刻表でしょ。

他にも武蔵五日市周辺のがあるから。
武蔵五日市周辺のはハセツネの試走の時に利用してね。

これから29分バスに乗って「留浦」で降りるよ。料金は580円ね。

留浦ってさ、『とずら』って読むんだけど、
ふつう読めないよねー。
最初はるうら(ルーラ)だと思ってた。
なんかさ、山頂までビューンと行けるみたいでしょ(笑)

登山口に一番近いバス停は「留浦」の先の「鴨沢西」なのよ。
でもちょうどいい時間がないからさ、留浦まで行ってそこから鴨沢まで歩くってわけ。

こら、べーっと下唇出すな。
そんなことしても全然可愛くないから!
歩くってたってわずか8分だから我慢してよね。

みてみて。
バス

車窓の向こうに見える長い行列は東日原行きのバスを待つ人達だよ。
川苔山は百尋ノ滝があるから特に夏は人気なんだよ。

あ、定時にバスは発車したよ。
乗客全員が座れたね。

《7:40.頃》
ほら、バスは奥多摩湖の北側を通ってるよ。

御前山は奥多摩湖で、三頭山は蜂谷で下車。
ちゃんとアナウンスもしてくれるけど、
運転手さんも、「御前山に登る人はここで降りてくださーい」って声かけてくれてる。
西東京バス、親切だね。

《7:57》留浦で下車

トイレ行っとく?
次の鴨沢でもいいけどね。

ここの標高は540mね。
ここから雲取山2017mまで登っていくよ。

《8:02》スタート

《8:09》鴨沢に到着
鴨沢


駐車場と綺麗なトイレがあるよ。
雲取山ピストンの人は車で来てもいいね。
登山口はこの上の丹波山村営の無料駐車場(小袖乗越駐車場)の方が近いよ。

住宅地の脇の小道を上がっていくけど、もう天気良すぎ。
住宅地


あつ〜い。もう30度超えてるんじゃん?

《8:37》いよいよ登山道にはいりまーす。

これは去年2017年に作られた看板だね。
看板

雲取山の標高と同じってことで登山客が殺到したんだって。

ほら見て。
マスコットキャラクターの『タバスキー』もいるでしょ。
の名前の由来は『丹波好き』から。
ピンクとブルーのタバスキーは娘と息子らしいよ。

《8:44》こんな安全で易しいトレイル。
トレイル

広葉樹の多い道もあれば、杉林の中を進む道もあって楽しい。
傾斜がまた絶妙だよね。
スルスルと標高稼げちゃう。

ふー。それにしても暑いよね。
暑い、暑い、暑いよー。
もうさ、汗でTシャツがびしょ濡れだよ。
Tシャツはいいけど、山パンツもびしょ濡れって恥ずかしいよね。
ねね、後ろから見て濡れてるのバレてない?

《9:23》こんな挑戦状が要所要所に現れてモチベーションを上げてくれるよ。
挑戦状


ワタシはさっきの小袖登山口の看板から44分かかってる。
山頂まで5時間×0.75だと3時間45分だけど、
実際には山頂まで3時間弱、この看板から2時間10分で到着したからあまりアテにならないかもね。

わー、人気の山だからハイカーさんでいっぱいだね。
パーティできているのは大学生や若い女子。
みんな40L以上のザックにテント背負ってるからテン泊するんだよ。いーなー。

ハイカーさんは無理に追い越さないで。
道幅が広いところが度々現れるからそこまで待っていよう。
そしたらほら、抜く方も抜かられる方もストレスを感じないでしょ。

こら、ワタシ達の方が速いからって勘違いしないの!

だって、ワタシのリュックの重さ、たった5キロ位でしょ。
テン泊の人は15キロ以上を背負ってるんだよ。
逆にすごいわ。

あ、トレラン4人組が降りてきた。

シングルロードだからどちらかが待っていなきゃいけないところ。

あ、待っててくれないのね。

山側に身体を倒して4人が通り過ぎるのを待つ。

すみませーん、って言いながら登り優先を無視してドタドタ行っちゃった。

なんか残念。

トレランの人は集団になるとアレレ?って思うことがある。

ソロの人や二人組の人だとアレレ?って思うことは全くないんだけどね。

《10:07》七ツ石の分岐に到着

標高は1600m超えて、ようやく少し涼しくなってきたよね。
七ツ石分岐

ここは一番左のブナ坂・雲取山のルートをとるよ。
七ツ石山は復路でいくからね。


《10:37》ブナ坂に到着
標高は1650m
ブナ坂

わーい、ようやく樹林帯から出て石尾根まできたよ。
ここから先は景色が良くなってご機嫌なプロムナードだよ。

え?トレランって言いつつ、ここまで全く走ってないって?

ま、まぁね。

ち、ちょっと休憩しようか?


にほんブログ村


にほんブログ村
06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

PP151

Author:PP151
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる